足の冷え性解消は食べ物から!年中頭を悩ませている人、必見!

足の冷え性を解消したい人は世の中に多くいる。私もその一人であった。
寝る前は靴下を履いたり、風呂あがり後すぐに布団に入ったりと試しているが中々効果が出ない。そんな私が足の冷え性を解消した方法は食べ物からであった。
単純に食べるだけで、長年悩んでいたのが嘘のように解消した。


【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

身体がポカポカしたけど結局…

冬になると鍋をよく食べる。食べている時は、身体がポカポカし暖かくなるのだが、すぐに足先から冷えてくる。このような経験はないだろうか。

確かに、鍋は身体を暖めるが冷え性解消になるかと言えば、そうとは限らない。
重要なのは、鍋に入っている食材である。

そもそも冷え性とは、身体の血液が末端まで届かないことが原因と考えられているため、血液がドロドロな状態であると言って良いだろう。

つまりは、血液がサラサラになれば末端まで流れるため、冷え性解消への近道となる。

また、ドロドロの血液は、冷え性以外にも、

・コレステロール値が高いので、肥満の可能性
・悪化すると動脈硬化

と、冷え性とは言え油断できない状況になる可能性を秘めている。

では、血液をサラサラにするにはどうすれば良いのか。
食べ物以外であれば、

・適度な運動(ウォーキングや水泳)
・基礎代謝を高める(腕立てや腹筋)

が効果的であるとされている。
そもそも血液がドロドロの状態は、血管や自律神経にダメージを追っておりそれはストレスが大きな要因とされている。
つまりは、適度な運動などで身体をリラックスさせることがポイントである。
そのため、運動ではなく趣味に没頭することも良い。


【スポンサードリンク】


理想的な足の冷え性解消食事法

重要なポイントは、食べるタイミングである。
仕事が多様化した現代では、食事をするタイミングが遅くなることはしばしばあるが、
これが問題とされている。理想的な食事のタイミングは、

朝(4:00から12:00)

この時は、果実を食べることが重要である。
胃に負担をかけず、老廃物を排出しやすいため朝は果実が良いだろう。

だが、スイカやパイナップルなど水分が多い果実に関しては、逆に身体を冷やす原因となるため、控えるべきである。

昼(12:00から20:00)

1日の内、一番食事量を多くする時間である。
この時間は、体内の消化活動が一番活発になるため、栄養を吸収しやすい。
そのため、様々な食材を体内に取り入れることが重要となってくる。

目安としては、野菜7割・肉や魚3割がベストとされている。

ポイントとしては、しっかり噛んで消化を促進することであり、
早食いは厳禁である。

また、可能であれば野菜は生野菜の方が栄養豊富であり足の冷え性解消へ有効であるとされている。

夜(20:00から4:00)

可能であれば、食事は控えた方が良い。

この時間になると、身体は睡眠モードとなるため、食事を行うと胃などの負担をかけてしまい、血液がドロドロとなり、結果的に冷え性に繋がる可能性がある。

どうしても食べたい場合は、朝と同じよう胃に負担をかけない果実がオススメである。



【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.