花粉症で咳がひどい原因とは?たんの色は何色が普通なのか調べてみた!

花粉症の時期になると、咳が止まらないことはありませんか?
花粉症を発症した多くの方が、咳がひどい、と苦しんでいます。
ですが、何故花粉症になると、咳が引き起こされるのでしょうか?
今回は、花粉症によって引き起こされる、咳の原因、対処法をまとめました。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

花粉症で咳がひどい原因とは何?

花粉症になると咳がひどい、咳が止まらないから、花粉が飛ぶ時期は外に出られない、という方も多いと思います。

このような花粉症の症状は、体の免疫機能が、花粉に過剰に反応していることが原因です。

つまり、花粉症を発症している方の体は、体が花粉にアレルギー反応を起こしています。

花粉に対してアレルギー反応を起こすと、体の免疫機能は、花粉を敵だと思って花粉が体の粘膜に付着すると、花粉を体外に排出するために、一生懸命活動します。

その結果、鼻水や激しい咳がひどい、そして咳が止まらないようになります。

これが花粉症になると、花粉によってひどい咳が、引き起こされるプロセスです。


【スポンサードリンク】


花粉症で咳がひどい場合、どうやって治すの?

花粉症になると、体の免疫機能が花粉に反応して激しい咳が出るのですが、この花粉症による咳は、どうやって治すのでしょうか?

ここでは、お勧めの花粉症の咳の止め方を紹介してます。

・マスクをする

マスクをすることで、体に入ってくる花粉の量を減らすことができます。
入ってくる花粉の量が減れば、それだけ咳がひどい症状も緩和されます。

・加湿器を使用する

部屋が乾燥していると花粉は活発に動き回ります。部屋を加湿することで、花粉に水分が付着して重くなり、花粉が活発に動き回れなくなります。

その結果、吸い込む花粉の量を減らすことができます。

吸い込む花粉の量が減れば、それだけ咳の症状も緩和されます。

・喉を潤す

花粉症によって咳が続くと喉の粘膜が弱り、弱った粘膜から細菌が感染しやすくなります。そして、細菌に感染すると、更に咳がひどくなります。

細菌の感染を防ぐためにも、定期的に喉を潤して、粘膜が弱るのを防ぐことが大切です。

そのためには、温かい飲み物を飲んだり、アメを舐めるのが効果的です。

喉の粘膜が弱る程、咳がひどくなるので、喉の粘膜が弱るのを防げばそれだけ、咳の症状も緩和されます。

・薬を飲む

最近ではドラッグストアで、花粉症の薬が販売されています。このような薬を使用することで、アレルギー反応を緩和させて、咳の症状を抑えることができます。

最近では、眠くなり難い薬や、1日2回飲むだけで良い薬など、様々な使いやすい薬が販売されています。

購入する際には、自分に合った薬を相談して購入することをお勧めします。

・病院に行く

花粉症がひどくて何ともならないよ、となったら病院に行くことをお勧めします。

花粉症で病院に行く際は、耳鼻科を受診して相談してみて下さい。

花粉症で悩む方が多い近年では、様々な治療方法や、薬があります。

貴方にあった治療方法が、きっとあると思います。

花粉症で出るたんの色は何色があるの?

花粉症になると、多くの場合咳や鼻水と、共に、たんも沢山排出されます。

たんは、花粉症を原因として排出される際は無色です。これは、大量に分泌される鼻水が、喉を伝ってたんとして排出されるためです。

しかし、花粉症の症状が激しく、その結果喉の粘膜が弱ると、弱った粘膜から細菌に感染しやすくなります。

もしら細菌に感染すると、たんの色が無色から黄色に変化します。

こうなると、花粉症の薬だけでは咳やたんの症状を緩和することは出来なくなるので、細菌に効果のある薬が必要です。

病院やドラッグストアにいって相談するのが良いと思います。

花粉症を根本的に治すことは難しいです。ですが、適切に対策を行えば症状を緩和することができます。

ここで紹介した方法を、実施してみて花粉の時期を何とか乗り越えて欲しいと思っています。

症状がひどい場合は、無理をせずに病院にいって相談するのが1番良いと思います。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.