歯痛でロキソニンが効かない時はどうしたらいいのか調べてみた!

鎮痛剤として服用されるロキソニン。急に歯が痛みだして飲んだ所ほとんど効かない…一体なぜ?症状には歯痛と書かれているのに。

そういう場合の対応策を紹介する。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

歯痛でロキソニンが効かない場合とは?

薬局などで購入することが出来るロキソニンS。

・歯痛

・生理痛

など様々な痛みを緩和するということですでに持っている人もいる。

さて、今回は「急に歯が痛みだした時」である。恐らく虫歯だけど、今日は病院が休み。でも痛すぎて何とかしたい場合、鎮痛剤を飲もうということになるだろう。

しかし、ロキソニンSを飲んでも全然効かないというケースを想定する。

 

その場合、ロキソニンが効かない原因としては、

・歯茎の膿が溜まっている場合

・歯の噛みあわせが悪い場合

などが挙げられる。

 

歯茎に膿が貯まっている場合は、すでに炎症が起きておりその炎症を抑えることが出来ないほど悪化していることだ。

つまり、ロキソニンSが効いていないのではなく「効かないほど症状が悪化している」ということになる。こうなれば、あなた自身で何とかできるレベルを超えているので、救急病院を検討した方が良い。しかし、土日祝でこのようなことが起こった場合、歯医者がやっていないのは明白。

そういう場合は、Googleなどのネット検索で「救急病院 地名」で検索すると良いだろう。もしくは「歯医者 救急 地名」でも良い。

とにかく、近くの救急病院に電話をして歯を見てくれるかどうかを聞いてみるのが先決である。

 

次に「歯の噛みあわせが悪い場合」である。

これは虫歯治療をした時の詰め物や銀歯でよく起こることである。噛みあわせが悪いと寝ている時や食事の時に歯茎を圧迫してしまい、その結果、歯が痛くなるという現象である。

この場合は、そもそも炎症どうこうではなく「歯の噛みあわせが悪い」ことが原因であるため、ロキソニンSを飲んだ所で効果は見込めない。

そのため、緊急を要さない場合であれば「癇癪が少ない食べ物(うどんなど)」で食事を済ませて、歯医者が営業し始めた時に診てもらうのがベストである。

ちなみに、歯の噛みあわせについては銀歯をつけた1ヶ月後くらいまでは起こりうるものと考えるべきである。


【スポンサードリンク】


ロキソニンが効かない場合の応急処置は?

ロキソニンを飲んでも効かないような上記の場合の応急処置としては、

・患部を冷やす

・癇癪が少ない食べ物を摂取する

ことが挙げられる。

 

まず、患部を冷やすことにより過敏になっている神経を一定抑えることができ、多少痛みが和らぐ。冷やし方は、濡れたタオルを患部に当てたり、熱さまシートを小さく切って患部に貼ってもよい。ようは熱を逃がすことにポイントがある。

 

また、歯痛の場合で困ることは食べ物の摂取である。肉など癇癪がより多くいるものは、痛みを増幅するので控える方が良い。

更に汁物も神経に対して影響を及ぼすので控えた方がよいだろう。ゼリーやヨーグルトなど液体状で栄養価の高いものを食べることが望ましい。

 

いずれにせよ、歯痛でロキソニンが効かない場合は遅かれ早かれ「歯医者」へ行くことをオススメする。

患部を冷やすことで一時的によくなったように思えるが根本的な問題は何一つ改善しないので、更に悪化してあなたを困らせることがある。

そうなる前にも時間を作って歯医者へ行くことが今後のことを考えると良いだろう。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.