バファリンの正しい飲み方とは?間違えてしまうと効果が半減!?

バファリンの飲み方を間違えると思わぬ効果があることをご存知だろうか。
本記事では、バファリンの正しい飲み方を紹介する。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

あなたは知ってた?バファリンの正しい飲み方

バファリンの正しい飲み方をあなたはご存知だろうか。

説明書にきちんと明記されているのだが、ほとんどの人は自分の感覚で飲んでいるのではないだろうか。

例えば、

・コーヒー

・ビールなどのアルコール

・烏龍茶などのお茶

などで飲んでいることもあるだろう。

 

まず当たり前だが、バファリンを飲むときは「水」もしくは「お湯」で服用することが重要である。

それはなぜか、鎮痛成分を体内へ吸収しやすくするためである。バファリンは解熱鎮痛剤である。

この解熱鎮痛剤は、基本的には胃へダメージを与える場合があり、飲み合わせが悪いと胃痛などを催すこともある。

そうならないためにも「バファリンは水もしくはお湯で飲む」ことを意識すべきである。

 

なお、バファリンは小さいので水などの水分がなくそのまま飲むことが出来るということで服用する人もいるが、これはダメである。

それは、そのまま服用するとバファリンが胃に届かない場合があり、喉に引っかかったままになる。

その状態でバファリンが溶けてしまうと、喉が炎症したり粘膜へダメージを与えることになる。

つまりは、バファリンが小さいからと言ってそのまま服用することはやめておくことが賢明であると言える。

 

ちなみに、バファリンのような錠剤ではなく、顆粒の場合、水なしで飲んでしまうとその顆粒が肺や気管に入っていしまい、

肺炎に繋がる可能性があるので、薬全般は記載がない限り、水もしくはお湯で服用すべきである。

ここでの記載というのは「水なしでも飲める」など水分がいらない場合に限る。


【スポンサードリンク】


もしバファリンの飲み方を間違えると?

では、バファリンの飲み方を間違えるとどうなるのか。

例えば、ジュースやお茶などでバファリンを飲んでしまうと、効果が低下することもそうだが、まったく効かないこともある。

更に飲み合わせが悪いと逆に体調を悪化させたり、効き過ぎるなどの副作用がある。

 

つまりは、バファリンで期待される本来の効果を発揮できないということになる。

 

効き過ぎるのは、良いことなのではないか?と思うかも知れないが、これはまずいことになる。

バファリンはメーカーが厳密な実験や検証の元に作られており、メーカーが期待する効果よりも強い効果が体内で起こった場合、どうなるのか想像が出来ないためである。

つまりは、飲み方一つだけで予期せぬ効果を発揮することもある。胃痛などの1日程度のものから数日にかかってしまうような炎症に繋がったりする場合があるので、

再三繰り返すことになるが、バファリンは水もしくはお湯で服用すべきである。

バファリンと他の薬を同時に服用しても大丈夫?

バファリンだけでなく、他に医者が処方した薬を一緒に飲んで大丈夫かということだが、これは

自己判断せず医者に相談することが鉄則

ということになる。

 

例えば、ワルファリンと呼ばれる抗血栓薬を服用している人がバファリンと一緒に服用すると、血液が固まりやすくなり動脈硬化となることも想定される。

つまり極論を言えば命に関わることになる。

 

しかし、バファリンと一緒に服用しても良いとされる薬がある、それは胃薬である。

バファリンやロキソニンのような解熱鎮痛剤は基本的に胃にダメージを与えることがあるので、医者がわざわざ解熱鎮痛剤とセットで胃薬を処方するほどである。

そのため、胃薬を飲んでいる人でバファリンを服用する分には何ら問題がなく、推奨されるレベルである。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.