ノロウイルスで出勤はしてもいいの?実例を踏まえて調べてみた!

ノロウイルスにかかると仕事どころではなく、出勤するのにままならない状態である。しかしながら、大事な会議や打ち合わせがありどうしても行きたい場合もあるだろう。
そんな時、そもそもノロウイルスの時、出勤していいかどうか気になった。インフルエンザであれば、休めと言われているのだが果たして…


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

ノロウイルスで出勤しても良いのか?

インフルエンザであれば、会社が就業規則を設けている所もあり、「インフルエンザ+医者の診断書があれば公休扱いにする」というものである。果たして、ノロウイルスもそのようなものが書いているのだろうか。

会社の就業規則とは千差万別であるため、「必ず何かしら書いている」ということは約束できないが、私の経験上恐らく「ノロウイルスについては明記されていない」という結論である。

 

それはなぜか。ノロウイルスに感染した場合、法律による出勤停止期間が一般的には定められていないためである。これは、学業を主としている学校でも同じことである。試しに学校へ連絡してみると、ノロウイルスで公欠扱いになることはないそうである。つまりは、普通の「欠席」ということになる。

よって、会社でも同様の扱いになるケースが考えられるため、「ノロウイルスだ!休める」と思わない方が良いだろう。

 

と言っても、ノロウイルスで出勤しても良いかどうかだが「出勤する必要がある」とことになる。だがしかし、ノロウイルスにかかれば判るのだが、その破壊力は凄まじく、トイレに篭もりっきりということも少なくない。更にいつ、嘔吐をするのか判らない状態でいつもどおり仕事をすることは不可能に近い。

よって、私が推奨するのは「ノロウイルスの時は事情を説明して、休みを貰いなさない」ということである。

もちろん、会議や打ち合わせで忙しいのは重々承知のことである。しかし、そんな状態で会社へ行ったら逆に迷惑にはならないだろうか。

 

万が一、会議中に嘔吐をしてしまったりするとそれだけであなたの株は下がるかも知れない。しかも、処置をしてくれた同僚がノロウイルスに感染することだって十分に考えられる。よって、ノロウイルスの時に出勤するメリットはどこにもないということになる。

と言っても、ノロウイルスはすぐに完治しないの通例であり、完治するためには約1週間は見ておいた方が良いだろう。そのため、会社の上司などに説明する際は、

・ノロウイルスに感染してしまった

・完治に1週間ほどかかり、出勤できない。

・出勤時には医者の診断書を持参する

・行きたいのだが、感染を防ぐ必要があるため

ということをきちんと伝えることをオススメする。


【スポンサードリンク】


本当に治ったの?ノロウイルス復帰からの出勤

ノロウイルスにかかって数日。思ったよりも回復が早くこれだと明日には会社へ行けると思っているあなた。本当にノロウイルスが死滅したのか?

というのも、日数だけや体調面で自己判断するのはまずく、体内にはまだしっかりとノロウイルスが残っているケースがある。本人が元気になったと言っても、ノロウイルスを感染するだけのパワーは残っているかも知れない。そんな状態で、仕事へ行くと2次感染する場合がある。よって、

「本人が元気になった!治った!からという自己判断で出勤するしないを決めるのはNG」

ということになる。

 

では、どうすれば良いのか?それは、医者の診断を受けるのが一番良いだろう。医者が判断し、ノロウイルスが完治したということであれば通常勤務に戻ることは可能となる。

 

2015年、2016年はノロウイルスが大流行すると言われており、集団感染も視野に入れなければならないものである。そのようなことにならないためにも、もしあなたが感染した場合、無理に出勤し周りに迷惑をかけるよりも、治療に専念し一日でも早く回復することの方が先決であろう。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.