ノロウイルス2015は空気感染するという話しは本当なのか?

ノロウイルス2015は空気感染する!?という噂がまことしやかに話題となっている。
果たしてこの話しは事実なのだろうか?


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

ノロウイルス2015は空気感染する可能性は低い

空気感染するかどうかのポイントは、そのウイルスが大量に含まれているかどうかである。
インフルエンザは空気感染するため、そのウイルスが空気でも生存できるようになっているが、ノロウイルスは空気感染できる抗体がほぼ無いに等しいため、空気感染する可能性が低いということになる。

ここで「低い」ということだが、結論としてはゼロではない。
それは、ノロウイルスにかかった人が嘔吐をして、その状態で咳をした場合、わずかながら空気中にノロウイルスが分散されることになる。
それを吸い込みした場合、ノロウイルスにかかるケースがあるということである。

だが、これは非常に低い確率となるので、機にしなくてもよいレベルである。

では、ノロウイルスの感染経路はどこから?となるのだが、ノロウイルス感染者からの下痢や嘔吐した汚物に大量のノロウイルスがあるため、それを素手で触ってしまい、しっかりと手を洗わずに体内へ取り込みしてしまうと感染する。
しかも、ノロウイルスは非常に感染力が強いため、少しくらいなら大丈夫だろうという安易な考えが2次被害となることがほとんどである。

そのため、空気感染をしないと言ってマスクをしないのではなく、自分の手からの体内侵入を防ぐというためにもマスクをしたりするのがベストである。
この時期はノロウイルスだけでなく、風邪やインフルエンザウイルスなど様々なウイルスが空気中にあるため、マスクをすることは理になかっている。


【スポンサードリンク】


そもそもノロウイルスに近づかない

感染を防ぐ方法として、一番効果的なのがそもそもノロウイルスに近づかないことである。
ノロウイルスの原因は生牡蠣や感染者からであるため、牡蠣を食べずに感染者へ近づかないということが一番良い。

しかしながら、感染者が友人や知人であり、どうしても看護しなければならない状況が少なからず発生するだろう。
その場合、感染者だからと言って逃げてしまうと後々の人間関係に問題が発生するだろう。

感染者に触れる場合、処置が終われば徹底的に手洗いうがいを行い出来れば服もすぐに脱いで洗濯するのが良いだろう。
できれば、お風呂へ入って汚れを落とすことで感染をより防ぐことが出来るだろう。

少し大げさかも知れないが、ノロウイルスの感染力は思った以上なのでこれくらいやってもおかしくないだろう。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.