ジャガイモシロシストセンチュウの駆除と人体への影響は?国内初の害虫と話題に

ジャガイモシロシストセンチュウとは、国内初のジャガイモの害虫であり、ジャガイモの根っこに寄生する。
この害虫だが、果たして駆除方法と人体への影響はあるのか調べみた。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

ジャガイモシロシストセンチュウの駆除方法は、困難!?

農家の人にとって一番気になるのが、ジャガイモシロシストセンチュウの駆除方法である。
果たして簡単に駆除は可能なのかと言われれば「No」である。

ジャガイモシロシストセンチュウが発見されたのはアメリカで2006年ごろとされている。
ここから徹底された土壌サンプリングで調査・研究が行われているが、未だに効果的な駆除を挙げたという報告は受けていない。

つまり10年以上研究されても効果のある駆除方法は確立されていないことになる。
(一定の成果は出ているが、市販で購入できるような駆除剤には及ばないようである)

これは、ジャガイモシロシストセンチュウが土壌の中で、長年生存し続けるため、容易に駆除出来ないと発表している。

よって、ジャガイモシロシストセンチュウが見つかったと言っても、残念ながら効果のある駆除方法はないという認識になる。
唯一効果があるとされており、手軽なのが水責めである。

方法としては、約3ヶ月ほどジャガイモシロシストセンチュウが発生した土壌を水浸しにすることで、ジャガイモシロシストセンチュウが消えたということである。
だが、水温調整が必要であったり、常に一定量の水が必要であるとされているので、素人では難しいだろう。


【スポンサードリンク】


ジャガイモシロシストセンチュウは人体へ影響あるのか?

結論から言えば、人体への影響はないということである。
もっと言えば、ジャガイモシロシストセンチュウがついたジャガイモを食べても大丈夫ということである。

しかしながら、気になるのが風評被害である。
今回、ジャガイモの聖地である北海道で見つかった。人体へ影響が無いとは言え、害虫と言えば抵抗があり、それが風評被害になってしまうのは容易に想像できる。

例えば、ジャガイモを使った北海道のお土産などは風評被害にあうと考えられる。

まだ、マスコミが取り上げるのは小さい記事ではあるが、今後の動向次第でジャガイモの農家にとっては頭が痛いニュースになるだろう。



【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.