花粉症の鼻水の止め方は?あなたがやっていること間違えているかも!

花粉が飛ぶ時期、辛い鼻水や悩まされていないか?
花粉が飛ぶ時期は、咳と鼻水が止まらないという花粉症の方は多くいる。
だが、何故花粉が飛ぶ時期は咳や鼻水が止まらないのだろうか?
今回は花粉によって、何故鼻水が止まらなくなるのか?そして、効果的な鼻水の止め方を解説していく。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

花粉症の鼻水の原因は?

花粉症の鼻水の原因は、本来無害な花粉を体の免疫機能が花粉を敵だと認識して、体外に排出しようとすることが原因だ。

花粉を敵だと認識した体の免疫機能は、鼻の粘膜に付着した花粉を排出するために、一生懸命鼻水を出して洗い流そうとする。

その結果、何度も花粉が鼻の粘膜に付着する、花粉の時期は鼻水が止まらなくなるのだ。

花粉症の鼻水の止め方はどうしたらいい?

花粉症が原因の鼻水の止め方を紹介する。

マスク、花粉予防眼鏡をつける

花粉症による鼻水は、花粉が原因だから花粉との接触を避ければ、鼻水の症状を緩和できる。

マスクや花粉予防眼鏡をつけて花粉を体内に取り込まないようにするのは有効な対策だ。

室内に花粉を入れない

室内に花粉を入れると、室内にいても鼻水が止まらない。

外出先から家に帰ってきた際には、花粉を払ってから家に入る。花粉の時期は洗濯物や布団を外に干さない、空気清浄機を使用するなどの、花粉が室内にできるだけ為込まないようにする方法が花粉症の症状緩和には効果的だ。

抗アレルギー剤を服用する

花粉症による鼻水は、花粉に体の免疫機能がアレルギー反応を起こしていることが原因だ。

アレルギー反応を抑える、薬を服用することで鼻水の症状を緩和することができる。

最近は病院だけでなく、ドラックストアでも抗アレルギー剤を販売しているので、簡単に手に入れることができる。

医師に相談する

鼻水が止まらなくて、もうどうしようもないという時には、病院にいって医師に相談するのが良い。


【スポンサードリンク】


花粉症で鼻水が黄色の場合はどういう状態?

通常、花粉を原因とする鼻水は無色で水のように粘性が低いことが特徴だ。だが、暫くすると鼻水の色が黄色に変化する場合がある。

長い期間に渡って、黄色の鼻水が出るのは危険な兆候だ。

鼻水の色が変化する原因は、2つ考えられる。

1つめの原因は、鼻に入った細菌などが、鼻の免疫機能によって体外に排出されているために、鼻水が黄色や緑色に変化する場合。

この場合は、暫く経てば自然と鼻水は普段の鼻水に変化していきますので、心配はない。

2つめの原因は、鼻が副鼻腔炎を起こしている場合。

鼻の内部が炎症を起こしているなどの、何らかの理由により、鼻に溜まった鼻水や膿が排出されない状態が続くと、鼻水や膿が鼻の内部に溜まり常に炎症を起こしている状態になる。

これが副鼻腔炎、通称蓄膿症とも呼ばれる病気だ。

この状態になると、黄色の鼻水が長い期間出続ける。副鼻腔炎になると鼻呼吸が難しくなり、酷くなると鼻に嫌な匂いを感じることもある。

副鼻腔炎は自然治癒が難しいので、長い期間黄色の鼻水が続くようなら医師に相談するするのが良いだろう。

まとめ

花粉症による鼻水は、なかなか止まらず、水のように流れ続けるので本当に辛いだろう。

花粉症による鼻水の対策は、花粉と接触しないことが大切。ここで紹介した方法を実施して、何とか花粉の時期をやり過ごしてもらいたい。

もし、症状が収まらず、辛い時は早めに医師に相談するのが良いだろう。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.