インフルエンザで喉の痛みが治らない原因と対処法は?すぐに緩和できるのか?

インフルエンザは高熱が主な症状となるが喉の痛みで苦しむ人も多くいる。
中々治らない喉の痛みの原因と対処法を紹介!


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

インフルエンザで喉の痛みが発症する理由は?いつまで続くの?

一般的に喉が痛くなる原因としては、細菌やウイルスが咽頭や扁桃に感染・増殖することである。

身体が元気な時であれば、体内に備わっている免疫力によって、この細菌やウイルスが感染する前に侵入を防ぐ事ができる。

しかしながら、インフルエンザの場合は、身体の免疫力が低下しているため、細菌やウイルスを撃退するパワーが弱くなっており、そのため喉へ付着しやすくなり喉が痛くなる。

 

通常であれば、インフルエンザが発症して数日間喉の痛みは続くが、

症状が緩和されると同時に免疫力が元に戻り、喉の痛みも次第に緩和されることになる

 

では、インフルエンザが治っても中々喉の痛みが治らない場合はどういうことが原因なのか?

それは、インフルエンザを患ったことにより免疫力が低下、その間に他の感染症(2次感染)にかかってしまった可能性がある。

例えば、合併症の肺炎などである。肺炎により咳が続き、その結果として喉が炎症を起こして喉が痛いということになる。

更に言えば、咳をし過ぎたことにより「声帯ポリープ」になったことも考えられる。

 

2次感染になってしまう可能性については、個人差があるので一概に言えない。

だが、インフルエンザの症状を発症してから、大声を出したり不要な外出を繰り返すことにより様々な細菌やウイルスを体内に取り込んでしまう。

その結果、2次感染に繋がるので「インフルエンザになったら安静にする」ということを守るべきだ。

 

何はともあれ、インフルエンザが治っても喉が痛い場合は医者に診てもらうことが一番である。


【スポンサードリンク】


喉の痛みを治す対処法は何?

インフルエンザも含めて喉の痛みを少しでも和らげる方法は無いのかということだが、2つある。

① 喉の湿度を保つ

乾燥した空気というのは、細菌やウイルスにとって過ごしやすいものとなる。そのため、喉へ感染・増殖しやすくなり喉の痛みへと繋がる。

そのため、喉の湿度を一定に保つ事が重要である。

と言っても冬場は基本的に乾燥しており、加湿器を持っていない人もいる。

簡単にできる湿度を保つ方法は「マスク」である。マスクをすることで喉の湿度を保つことができ、細菌やウイルスを増殖させにくい環境を作ることができる。

更に、マスクを装着することで外の空気にある無数の細菌やウイルスからの侵入を防ぐことができる。

② のど飴

喉が痛いとき、のど飴を舐めると良いということは一度は聞いたことがある。

しかし、なぜ「喉が痛いときにのど飴を舐めるのか」ということを知っている人は少ない。

細菌はウイルスから喉を防御するために欠かせないことが湿度の他に「唾液」である。この唾液が多ければ多いほど、喉に付着する細菌やウイルスを少なくすることができ、喉の痛みを防ぐ事ができる。

更に、すでに喉が痛いときも唾液によってウイルスを弱らせる効果もあるので、のど飴というのは有効である。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.