インフルエンザにうつらない人の特徴は?うつる人に比べてアレが高い!

インフルエンザが流行しても全くと言っていいほどうつらない人がいるのは事実である。果たしてインフルエンザにうつらない人の特徴とは一体何なのか紹介する。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

インフルエンザにうつらない人の共通点

インフルエンザにうつらない人の共通点は、

・睡眠をきちんと6時間以上とっている

・食事制限をせず野菜や肉をバランスよく摂取している

・適度な運動をおこなっている

である。つまりは「規則正しい生活を送っている」ことがポイントである。

 

人間にはインフルエンザなどの病原菌から身体を守るため免疫力が備わっている。

この免疫力は訓練により高めることも逆に弱めることが出来る。もちろん、免疫力が高い方が病気にかかりやすいことは明白だ。

 

免疫力を高める方法については後述するが、逆に「インフルエンザにうつりやすい人」はどういう人だろうか。

例えば、

・睡眠時間が極端に短い or 長過ぎる。更に昼夜逆転をしている。

・偏った食生活。インスタント食品しか摂取しない。

・全く運動をせず、休日は家でゴロゴロ。

という人である。

 

言わば「健康的な生活を送っていない人」が「インフルエンザにかかりやすい」ということになる。

もちろん、これだけでなく年齢の問題やその人の体力なども加味されるが、基本的には検討的な生活を送っていればインフルエンザにかかりくいことになる。


【スポンサードリンク】


免疫力を高めるためには?

では、インフルエンザにかかりにく身体を作る。つまりは体内に備わっている免疫力をどのようにすれば高めることができるのかを紹介する。

基本的には、「健康的な生活を送る」ことが重要になる。更にそれらに加えて近年重要されているのが、

「笑い」

である。

 

人間は笑うと脳への刺激として「神経ペプチド」と呼ばれる「免疫機能活性化ホルモン」が分泌される。

このホルモンによって生命活動を維持するために必要とされているNK細胞を活性化させる。

要は「笑うと長生きのために必要な細胞が活発化し、それが免疫力向上に繋がる」ということである。

 

そのため、何か楽しいことや嬉しかったことを思い出してくすっと笑うだけでも実は免疫力を高めるために重要なステップとなる。

 

更にインフルエンザにうつらないために免疫力を向上させる手段としては「ストレス」を貯めないことも重要である。

脳はストレスを感じると先ほどの生命活動維持を活発化させるNK細胞の働きが弱くなってしまう。

このことはさっきと逆で「長生きしにくく、その結果免疫力が低下する」ことになる。

 

感覚としても笑っている人と暗い人、どちらが免疫力高いだろうか?と考えた時、ほとんどの人は直感で前者の笑っている人と答えるだろう。

要は「ほとんどの人がプラスなイメージで捉えることができる行動をすれば、自ずと免疫力の向上に繋がる」と言うわけだ。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.