ノロウイルスで頭痛の症状に悩んでいるあなたへ!市販の薬を飲む前に…

ノロウイルスの症状といえば、下痢と嘔吐だが「発熱から来る頭痛」という症状もある。
そんな時、ついつい市販薬であるロキソニンを飲んでしまうそうになるがちょっと待って!まずは飲む前に出来ることがあるので、それをやってからにしてみてはどうだろうか?


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

ノロウイルスが引き起こす頭痛の軽減方法

ノロウイルスで頭痛の症状が出た場合、すぐに市販薬を飲むのではなく、脳への刺激を少なくすることから始めてみよう。
と言っても具体的に何をすればよいの?ということにはなるのだが、「音と光」を少なくすることになる。

例えば、

・ライブハウスなど音が大きい所へ行かない
・人混みを避ける
・外出して直射日光を浴びるのを控える
・テレビの音量を少し下げる

ということである、これをするだけでも随分と脳への刺激を緩和することができ結果的に頭痛を軽減することに繋がる。
できることなら、暗い部屋に布団を引いて横になるのが一番良いとされている。それでも回復の兆しが見えないようであれば、市販薬を療法を守って服用するほうが良いだろう。


【スポンサードリンク】


これはノロウイルスから来る頭痛だけでなく、普段の頭痛にも効果があるとされているので、頭痛で悩んでいる人にはオススメである。
元々頭痛は脳への刺激が強いことから来ているため、「音や光」以外にも

・悩み事で頭を使っている
・ストレスによるもの

など様々ある。特にノロウイルスなどの病気の時は、家事や仕事のことを忘れるように心がけることが回復を早める重要なポイントとなる。

また、冷えピタなどを頭に貼ると効果的とされており、頭痛の人にもオススメできる。
もし冷えピタがない場合は、タオルに氷を入れて頭に撒くだけでも効果は期待できる。更に光をより軽減するために、アイマスクと耳栓をして寝ると、頭痛をより緩和させやすいことになる。

つまりまとめると、頭痛が起きた場合は、

・暗い部屋で布団を敷いて寝る
・冷えピタなどを頭に巻く
・アイマスクと耳栓をして、光と音を遮断する
・悩み事を考えない

を実践すると良いだろう。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.