流行のピーク時期へ!インフルエンザ・ノロウイルスを未然に防げ!

毎年、秋から冬にかけてインフルエンザ・ノロウイルスのピーク時期を迎える。
いざ発症してしまうと、通学・通勤に大きく影響し休む必要性が出てくる。そうなる前にも未然どう防ぐかがポイントになってくる。
果たして、2つの国民病を防ぐ方法はあるのか?


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

全ての基本である手洗いうがい+マスクがコスパ◎

学校で「手洗いうがいをきちんとしましょう」と習った経験はあるだろう。
その時、「なぜ手洗いうがいが必要なのか?」と考えた生徒はそうそういないだろう。

何となくやっていることもあり、今もやっている人は決して全員とは言い切れない。

しかし、この手洗いうがいがインフルエンザ・ノロウイルスへの対策として効果的なことはご存知だろうか。

ウイルスは基本的に体外から体内へ入った時がトリガーになるとされている。
そして、その時の体調などにより発病するかどうかとなる。

つまりは、そもそも体内へウイルスを取り込みしなければ良いということになる。

では、どうすれば良いのか。体外つまりは外にはウイルスだらけである。
それは、手洗いうがいを行い体外へ強制的に排出してしまうことである。

先ほどのウイルスの説明で発病ということを表現したが、これは潜伏期間というものがあり、それを経過すると発病するとされている。
つまり、体外へ侵入したウイルスがすぐに猛威を奮うかと言えばそうではない。

その前に少しでも早く体外へウイルスを出してしまえば、発病するリスクが低下する。

更に、体内へ侵入防止をするためにマスクも重要である。
近年では高機能なマスク・ファッション性に富んだマスクなど様々なマスクが発売されている。

機能性が重視されているものほど良いが、マスクをするしないだけでも大きくウイルスの侵入に関わってくるため、神経質な人・免疫力が弱い人はマスクを着用するとインフルエンザ・ノロウイルスなどを防ぐことが出来るだろう。


【スポンサードリンク】


私は大丈夫と思っている人こそピンチ

・ここ数年、大きな病気になったことがない
・風邪とは無縁
・基本元気だし大丈夫

と自信過剰になっているあなたこそが、インフルエンザ・ノロウイルスにかかりやすい状況である。

と言うのも、インフルエンザ・ノロウイルスは体調が絶好調であったとしてかかるときはかかってしまい、それは誰でもその可能性があるということである。

更に厄介なことに、2015年のノロウイルスは非常に凶悪であり、人が抗体を持たないウイルスへ変異している所謂、新型とされているノロウイルスである。
これにかかってしまうと、普段免疫力が強い人であったもノロウイルスが発病し辛い思いをすることになる。

つまりは、2015年にかけては手洗いうがいを例年以上にきちんとし、インフルエンザ・ノロウイルスの防止に務めるのが吉である。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.