ゲリラ豪雨の原因と対策をまとめてみた!なぜ毎年発生するのか。

ゲリラ豪雨の発生頻度は毎年、増加傾向にある。夏になると全国的に猛威をふるい人々に甚大な影響を与える
ゲリラ豪雨の原因とその対策について迫る。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

ゲリラ豪雨の原因は大気の不安定によるもの

そもそもゲリラ豪雨とは、
「天気予報士であったとして予測が困難であり、主に夏の積乱雲により突発でかつ局地的な豪雨を指す日本独自の言葉」
である。

朝の天気予報でこのような経験はないだろうか。

「本日は全国的に晴天であり、洗濯物日和です」

この言葉に安心して、洗濯物を干し傘を持っていかない。
しかし、夕方頃になると天気が急転し、ゲリラ豪雨。

では、果たしてゲリラ豪雨はなぜ発生し、何が原因なのか。
発生原因としては「急激に発達した積乱雲が原因」であるとされている。

しかしながら、なぜ「急激に積乱雲が発達するのか」については解明されていないが、

・夏に積乱雲が発達しやすいのは「冷房」や「建物からの反射熱」による上昇気流が原因
・排気ガスから噴出される二酸化炭素によって、空気が暖かくなってしまうため

とされている。

夏にゲリラ豪雨が多いのは、夏独特の暑さであったり冷房仕様によって空気が暑くなるためとされている。
このことは、昔の気温を考慮すると正しいと言える。

ゲリラ豪雨の回数と気温の上昇には関連性があると私は考えている。

例えば、多治見市では40度超えをするなど日本の亜熱帯化が進んでいる。
そして夏になると頻発するゲリラ豪雨。

これは、東南アジアでいう「スコール」と同じではないかと考えている。

東南アジアは年中暑く、それでいてスコールが度々起こっている。
スコールもゲリラ豪雨同様に突発的な大雨となるので、現象としては似ている。


【スポンサードリンク】


ゲリラ豪雨の対策方法はまだない

天気予報士でも予測が困難なゲリラ豪雨。
どうにかしてゲリラ豪雨を事前に察知し、それに向けて対策をしたいという人は多いだろう。

あなたもきっとそうだと思う。

しかしながら、現代の科学技術では突発的な天気を予測することは困難である。
なぜ困難なのかについては「そもそも発生原因が分かっていない」ことにある。

先ほどもゲリラ豪雨の発生原因はあくまで「予測」とされており、
それが複雑に絡み合って発生しているものとされている。

つまりは、発生原因が判らないので「ゲリラ豪雨の対策」をすることが困難になる。

しかしながら、ゲリラ豪雨の兆候を感じることはできる。
それは天気に頼るのではなくあなたの感覚値がものをいうことにはなるが、

・空が暗くなってきた
・雷がなりだした
・さっきと比べて少し冷たい風が吹き出した

ということであれば「ゲリラ豪雨の兆候」として捉えることができる。

もし、上記に夏で上記に合致した場合はできるだけ建物内に避難することをおすすめする。

また、朝の天気予報で「本日は大気が不安定です」という言葉を聞いた場合も要注意である。
ゲリラ豪雨が起こるかどうか分からないが、大気が不安定=積乱雲が発達しやすいということになるので、
ゲリラ豪雨が起こる条件に繋がることになる。

その場合も出来る限り室内で過ごすことがおすすめされる。

いずれにせよ、1時間前まで通常大気だったものが急速に発達してしまうため、予測することは困難である。
だが、予測できないから諦めるのではなく、ちょっとでも異変を感じた場合は個人レベルで対応していくことが現代のゲリラ豪雨における唯一の対策方法と言えるだろう。



【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.