LDL-コレステロールが高いけど中性脂肪が低い原因は?経過観察とは言え気になる…

健康診断で「LDL-コレステロールが高いけど中性脂肪が低い」という結果になった。
このことは一体何を示して大丈夫なのかを調べてみた。その原因に私も納得。


【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

LDL-コレステロールと中性脂肪

おさらいになるが、LDL-コレステロールと中性脂肪の違いをまとめてみた。

LDL-コレステロール
・悪玉コレステロール
・高いほど動脈硬化に繋がりやすい
・食生活だけでなくストレスで高くなることもある
・アルコールやタバコでも影響する
・遺伝によっても大きく変動する

中性脂肪
・体内のエネルギー値
・高過ぎると肥満体質
・低すぎると元気がない

ということになり似て非なるものである。
更に中性脂肪は、「体内にあるエネルギー値であり、運動に必要なもの」
LDL-コレステロールは、「体内にある細胞膜やホルモンを構成する要素」
ということにである。

これを「LDL-コレステロールが高いけど中性脂肪が低い」ということに当てはめてみると、

「悪玉コレステロールが高く、元気が無い」ということになる。
もっとわかりやすく言えば「メタボ予備軍」にちかいということになる。

なお、一般的には女性の方が中性脂肪が溜まりやすく更に言えば年齢を重ねると、身体の代謝機能が徐々に低下するため、中性脂肪が溜まりやすくなる。
そのため、よく言われる「中年太り」という言葉に繋がる。

またLDL-コレステロール通称、悪玉コレステロールが高い原因は多岐に渡る。
食生活・ストレス・遺伝など。

これのどれがあなたにとってウェイトを占めているか判らないので、心当たりがあるところからしらみつぶしで改善していくしかないだろう。


【スポンサードリンク】


で、大丈夫なの?

一番気になるのが「で、大丈夫なの?」ということである。
最近ではメタボや生活習慣病、糖尿病などが国民病となっており、いつ誰がかかるか判らない状況である。

ではこの「LDL-コレステロールが高いけど中性脂肪が低い」ということは大丈夫なのか
と言う問に対してだが、

「数値や年齢によるが基本大丈夫である」

と言う認識である。

一番わかり易い判断が、健康診断書に書いている総合判定である。
経過観察であれば、まず大丈夫であるが、要検査であれば問題である。

よく「何か判定悪かったけど、病院行ってない」という話しを聞くが、これは非常にまずい状況である。
中身にもよるが、医者としても仕事でやっている。そのため、多少オーバーではあるかも知れないが、数値から判断してその人の状態を把握し、分析をしている。
その結果、「この人、ちょっとやばいかも…」という人には要検査という判定になる。

つまりは、「善意でやっているのではなく、本当にやばいから要検査」にしている。
ということになる。

確かに考えれば、通院する人が増えればその分、収益にはなるが手間暇がかかってしまうのが常である。
そのため、全員が「要検査」にすると医者としての信頼にも係るので、本当にそこは厳密にやっていると私は考えている。

幸いにも私は今回の健康診断で悪い判定を受けることはなかったが、少し運動不足のため運動を心がけようと考えている。



【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.