インフルエンザの診断書の料金を安くする方法はあるのか調べてみた!

インフルエンザにかかり治った時の証明になるのが診断書である。
料金は大体3,000円程度だがこれを安くする方法はないのか調べてみた。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

インフルエンザの診断書の料金を安くする

インフルエンザの診断書発行にかかる料金は法律や条例で定められていない。

そのため、診断書の料金については病院によって異なる。

多くお金を取るところであれば、1通書くのに8,000円と言う所もあり、基本的には3,000円前後とされている。

 

これだけブレ幅があれば、何とかすれば診断書の料金を安くできるのではないか?と思いますよね。

 

例えば、保険証の種類(国保・社保)によって変動できるのか?

そもそも、インフルエンザの診断書発行に対しては保険が一切効かないので、

何か特別な保険証を持っていた所で保険対象外となってしまう。つまりは、保険証の種類問わず一律な料金となる。

 

では、次に年齢や職業・性別によって違いはあるのか。例えば子供であれば安くなるなどである。

これについても先ほどと同様に何も変わらないことになる、病院側としては誰に発行しようが診断書は同じフォーマットを使う。

そのため、子供だから診断書の発行に時間がかからないということはない。

 

一体、どうすればインフルエンザの診断書を安く出来るのかということだが「病院によって値段が変わる」という点を付くのが良い。

私立病院よりも公的な病院の方が安いという調査結果があるので、インフルエンザかな?と思ったら近くの私立病院よりも公的な病院へ足を運んだ方が診断書を安く書いて貰えるケースがある。

 

あと、裏ワザとしては「こちらでフォーマットを指定する」ということだ。例えば、

・学校が指定したフォーマット

・会社で提出しなければならない書類にサインしてもらう

ということだ。この場合は、病院側は診断書発行というよりも別枠となる。

病院によっては記入してくれない所もあるかもしれないが、その場合は「どうしてもこれじゃないとダメなんです」と言って話を通して貰う。

そして、料金については診断書とは違う扱いになるので要相談ということができるので、通常の診断書よりも安く発行してくれる可能性がある。

 


【スポンサードリンク】


インフルエンザの診断書の料金は会社?もしくは自腹?

インフルエンザにかかり完治をしたことを上司に知らせるため診断書が必要となる。

この診断書だが、果たして自腹なのか?という疑問が浮かぶだろう。

本人としては、もう治ったから会社へ行くと言っているのだが会社側が「診断書が必要」との一点張り。

こういうケースは多く存在する。結論から言えば「基本的に自腹」ということになる。

ただし「会社が指定した医療機関で受診を進められた」場合に限っては会社と相談の上、診断書の料金が出る場合がある。

しかしながら、「基本、診断書の料金は出ない」と考えておくほうがよい。

 

なぜインフルエンザで診断書を発行する必要があるのか?

そもそもなぜ診断書を発行する必要があるのか。ということについてだが、

きちんとして医療機関で治療を受けました

という証明になるからだ。極論を言えば「ズル休み」「無断欠席」ではないということを証明するためである。

 

会社としては「もしかして◯◯さんインフルエンザで休んでいるけど仮病じゃないの?」と疑われてる場合がある。

口でインフルエンザですと言ってもそれを裏付ける何かがなければ、その疑念は払拭されないままである。

そこで必要となるのが医療機関が発行した診断書である。

 

つまり、会社が診断書を発行しなさいという理由は「ズル休みではないですよね?」という疑念を晴らしたいためである。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.