Twitterのユーザー名は何が良い?例をあげて紹介してみる!

Twitterを始めるにあたってユーザー名を決める必要がある。どんなものにすれば良いのか判らない…と考える人もいるだろう。
そこで、具体的な例をあげて紹介してみるので参考にして欲しい。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

Twitterのユーザー名を決めるポイント

Twitterのユーザー名は「後で変更が可能」ということを前提に話しを聞いて頂ければと思う。
まず、Twitterのユーザー名だがポイントとしては、

・読み方が判らないものにしない
・できるだけ短くする
・記号を使う

ということである。例えば「kai」というユーザー名にしたい場合、今のTwitterでは、すでに「kai」というユーザー名は使われてしまっている。
では、どうすれば良いのか、一例としては、

・_kai_
・kai001
・__kai

などにすることである。こうすれば、ユーザー名を被らせずに「kai」を使うことが出来る。
なお、先ほどのポイントにもあげた通り「できるだけ短くする」ということである。


【スポンサードリンク】


それはなぜか。「RTされた場合の文字数制限を少なくするため」である。
「@_kai_」と「@____kai____」では、前者の方が後で使える文字数が多く書き込み出来るので、RTしてくれるユーザーにとっても親切である。

よって、「ユーザー名はできるだけ短くする」ということは理に叶っていると言われている。

ちなみに「読み方が判らないもの」に関しては、もしTwitterのフォローで集まることがあれば基本的に本名ではなく、ユーザー名で呼び合うことが多い。
そのため、ランダムな文字だと「なんて呼べばよいのだろうか…」となってしまうので、あまりオススメしない。

また、冒頭でも紹介したが「ユーザー名は後で変更が可能」であるが、あまり活用はオススメしない。
その理由は、フォロワーにとっては「え、またユーザー名変えたの?」「なんでこの人、こんなにユーザー名をコロコロと変えるんだろう」と疑問を持ってしまうためである。

一度決めたユーザー名は基本変えない。どうしても変えるのであれば、数回のみにするということがフォロワーにとっても良いことになる。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.