花火大会デートで女子力を落としてしまう持ち物!彼氏にドン引きされる前に…

花火大会が近づくにつれデートをするカップルが多くなるだろう。好きな彼氏と一緒にデートと考えるだけで毎日楽しみで仕方のない女子のあなた!
間違った持ち物を持って行こうとしてないだろうか。もし持って行くと彼氏に嫌われるかも…


【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

女子力を落としてしまう持ち物

せっかくの彼氏との花火大会デートで女子力を落としてしまっては元も子もない。
そうならないためにも事前準備が必要である。

本記事では、「女子力を落としかねない持ち物」を紹介する。

■普通のかばん

いつも使っているような手提げかばんである。
彼氏からすると
・何でいつものカバンなんだ?何が入っているの?
・そもそもそんなに荷物いるのか?
と疑問を持ってしまう。

カバンはいつもと違う巾着袋タイプがおすすめである。
身軽さをアピールし、彼氏に気を使わせないことが重要である。

■ビーチサンダル

歩きにくいからと言って、ビーチサンダルで来る女性も中にはいるだろう。
花火大会デートと言えば、ほとんど浴衣である。浴衣といえば、下駄というイメージが強いため、できるだけ下駄を履くようにした方がいいだろう。

ちょっとした服装のポイントだが、案外彼氏は見ているかも知れないので、ここは歩きにくいけど下駄をおすすめする。

■自撮り棒

最近、流行っている自撮り棒。彼氏とも思い出写真を取って、FacebookやTwitterにUPしたい気持ちは分かるが、男性からするとドン引きする可能性が高い。
・そこまでして写真撮りたいのか…
・周りに迷惑かかるじゃん…
と高評価に繋がる要素がない。

そのため、自撮り棒は自宅へおいてきて、スマホでパシャりと撮影するくらいが良いだろう。
もちろん、デート中は出来る限りスマホ操作を避け彼氏との会話を楽しむことを忘れずに。

■制汗スプレー

「えっ、駄目なの?」と思われがちだが、良い印象は抱かないだろう。
彼女がひと目を気にせず制汗スプレーを降っている姿は他人には見せたくないものである。
汗が気になる場合は、汗ふきシートやタオルで吹くと良いだろう。
出来る限り、制汗スプレーは避けた方が良い。

■財布

あまりドン引きする彼氏はいないと思うが、「人混みで落としてしまうリスク」が存在するため、小銭入れがベストである。
仮に巾着袋から普通の財布が出てきた場合、彼氏によっては「え、まじかよ…」と思ってしまう人もいるだろう。
花火大会はイベントであり、イベントにはそれ相応の格好や振る舞いが重要になってくる。
細かいことかも知れないが、そのようなちょっとしたことがイベントを更に盛り上げることになる。


【スポンサードリンク】


花火大会デート成功の秘訣!

持ち物もそうだが、花火大会デートを成功させる秘訣は「振る舞い」である。
ここで、あなたも考えて欲しい。

Aさん「疲れたーもー帰りたい!暑すぎ!何でこんな人多いの?」
Bさん「ちょっと疲れたね…どっかで休まない?」

どっちの方が印象が良いだろうか。
ほとんどの男性は、Bさんと答える。Aさんの言葉は「愚痴」がメインになっている。
その愚痴は男性に取って嫌なものである。「暑いのは仕方ないし、それを了解して花火大会に来たんじゃないのか」と疑問になってしまう。
更にそれを言い続けると、男性の堪忍袋の緒が切れ喧嘩になるケースも珍しくない。

一方、Bさんは自分の意見を言いつつも控えめである。
その場合、男性は「あっ、気付かなかった。ごめんね」といい具合にフォローを入れてくれる。
このような控えめな態度こそが花火大会デートを成功させる秘訣である。

先ほども書いた通り、花火大会はイベントである。
普段とは違う振る舞いをし、彼氏に新たな一面を見せるゲームで言わば「ボーナスステージ」である。

このボーナスステージをより良いものにするかどうかは、あなた次第である。
多少疲れても、暑くても愚痴を言わず、彼氏に気づいて貰うように誘導することが重要になってくるだろう。



【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.