花粉症で耳のかゆみはなぜ起こるの?かゆい場合はどうしたらいい?


花粉の時期になると、耳がかゆくなりませんか?
実は、耳のかゆみは多くの花粉症の方が実感している症状であるが、耳のかゆみは公の場では掻くこともできない。
またら掻いたとしても、思いのままに掻けば耳に傷を付けてしまうことになる。
今回は、そんな花粉症の耳の痒みの原因と対処方法を解説していく。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

花粉症で耳のかゆみが起こるのはなぜ?

花粉症で耳のかゆみが起こるのには、2つの原因がある。

1つめの原因は、耳に花粉が付着するからだ。

花粉症の方は、本人が自覚していない場合もあるが、肌に花粉が付着することでもアレルギー反応を起こしている。

そのため、花粉によって顔や腕などの皮膚に、かゆみを感じることがある。そしてこのアレルギー反応が、耳にも起こっているだ。

花粉症の方は口や鼻はマスクで、しっかりと花粉から守っていると思いますが、耳はそのままではありませんか?

耳の皮膚にも花粉が付着することで、アレルギー反応が起こるのだ。

花粉の時期に耳を無防備に露出していると、耳の中に入り込んだ花粉が、耳の奥で皮膚に付着してアレルギー反応を起こすのだ。

そして、耳にかゆみを感じる。

2つめ原因は、口や鼻から吸い込んだ花粉が耳の奥に付着するからだ。

目、口、鼻、耳は体の内部で繋がっている。そのため、口や鼻から吸い込んだ花粉が耳の方に入り込み、耳の奥で皮膚に付着することで、アレルギー反応を起こすことがあるのだ。

耳の奥に直接触れることはできないので、体が花粉を体外に排出するまで症状は収まらない。

耳がかゆくなる症状は辛く耐え難いものだが、原因を知りしっかりと対策を行えば症状を緩和、予防することができる。


【スポンサードリンク】


耳がかゆい場合、どうしたらいいの?

耳がかゆい場合の効果的な対策を2つ紹介する。

1つめの方法は、綿棒で耳から花粉を除去する方法

外側から耳に付着した花粉は、綿棒で除去できる。やり方は簡単だ、綿棒を濡らして優しく耳を掃除してあげれば大丈夫だ。

この時、かゆみを早く取りたいからと力強く綿棒を擦り付けると、耳に傷を付けてしまうことがある。

そうなると、かゆみに痛みも加わり更に症状が辛くなる。

綿棒で花粉を除去する時は、濡らして優しく掃除するのが良いだろう。

2つめの方法は、目、鼻、口を洗浄する方法

目、鼻、口、耳は体の内部で繋がっている。そのため、花粉が体内に入り込んだ時は繋がっている全ての部分に影響を与えるのだ。

厄介な関係だと思うかもしれませんが、花粉を体内から除去する時には、この繋がりを利用して、花粉を除去できるのだ。

目、口、鼻をうがいなどの方法で洗浄すると、体内に入り込んだ花粉を除去することができる。耳を直接洗うことはできませんが、繋がっている部位を洗浄することで、間接的に耳からも花粉を除去することができる。

耳がかゆい時は、この2つの方法を試してみて下さい。症状が多少緩和される。

また、耳がかゆくてもうどうしようもない、という方は病院にいって医師に相談するのが良いだろう。

市販のかゆみ止めを使っても大丈夫?

花粉症を原因とする、耳のかゆみは市販のかゆみ止めでは効果的は期待できない。耳のかゆみには、花粉症に効果のある抗アレルギー剤を含む薬を服用するのが効果的だ。

また、耳のかゆみが本当に花粉症によるものなのかの判断は、個人では難しい。耳のかゆみがひどい場合は医師に相談をするのが良いだろう。

まとめ

耳のかゆみは、しっかりと対策を行えば症状を緩和することができる。

耳は大丈夫だろうと油断せずに、耳にもしっかりと花粉症対策を行うことが、耳のかゆみを抑えるために大切なことだ。

また、耳のかゆみがひどい場合には、早めに医師に相談するのが良いだろう。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.