タミフルの予防投与の効果!インフルエンザに効き目ありなのか?

インフルエンザの予防として、タミフルを予防投与することは効果があるのかを調べてみた!

予防接種と違い注射をすることなく、服用するだけ効果があるかも知れないタミフル。しかし、そこには、3つの大きな問題点があった。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

タミフルを服用するとインフルエンザに効果ありなのか?

タミフルをインフルエンザの予防として服用することは果たして効果があるのか。

タミフルは元々「インフルエンザウイルスを退治する」のではなく、「インフルエンザウイルスの増殖を食い止める」ものである。

つまりは、タミフルには「予防として効果はあり」ということになる。

だが、問題点が3点ある。

タミフルは市販の薬局で買えない

ご存知の通り、タミフルは市販の薬局で購入することが出来ず、医師の処方箋が必要となる。

そのため、病院へ足を運びタミフルを処方して貰う必要がある。

更に、「予防のためタミフルを服用したいです」と言っても処方してくれるとは限らない。

 

というのも、毎年インフルエンザが流行する時期にタミフルが大量生産されることなるが、その多くは「インフルエンザを発症した人へ向けて」という名目だ。

そのため、予防のためのタミフルの分は確保されていないことになり、もし予防のためにタミフルを処方してしまうと、いざ流行した時にタミフルが足りないという事態に陥ってしまう。

つまり、無闇矢鱈にタミフルを処方するのはよくないことがわかる。

タミフルを服用している時しか効果がない

先程も記述したが、タミフルは「インフルエンザウイルスの増殖を食い止める」ものとなる。

そのため、タミフルを服用している期間中しか予防としての効果が期待できない。

よって、インフルエンザが流行している間、ずっと服用することが必要となり現実的ではない。

また、タミフルは10日以上服用することが出来ないので、長くても10日間だけの予防となる。

保険適用外

タミフルを「予防のため」に服用することは保険適用外となり、実費となる。

おおよそ10日間で大体10,000円ほどかかることになる。

しかしながら、インフルエンザにかかって治療のためタミフルを服用する分には保険が適用されるため、安価な値段で入手することが出来る。


【スポンサードリンク】


タミフルVS予防接種!果たして効き目があるのは?

インフルエンザの予防として注射を打つ人は多い。

しかし、注射が苦手な人もいたり中々病院へ行く時間を確保が出来ないなどでインフルエンザの予防を受けない人も多くいる。

果たして、インフルエンザの予防としてタミフルと予防接種、どちらの方が効果があるのかについて調べてみた。

時間

効き目時間としては「予防接種」に軍配があがる。

これは、先ほども記述した通りタミフルの場合は、服用している期間しか効果がないため最大10日間しか効果がない。

しかし、予防接種の場合はシーズンに対して有効であるため、大体2ヶ月くらいは効果があるとされている。

 

これは、予防接種というはインフルエンザウイルスを体内へ入れて、抗体を作るためその抗体が続く期間が約2ヶ月ということである。

効き目

インフルエンザには、A型B型などの種類があり流行する型によって予防方法が変わってくる。

予防接種であれば、その型に合わせた注射をしなければ抗体がうまく作用されず期待する効果が得られない。

しかし、タミフルは基本的にインフルエンザに対して有効であるため、特に型に囚われることはない。

つまり、効き目であればタミフルの方が良いかもしれない。

費用

予防接種は保険適用なので、予防の意味で服用するタミフルに比べて安価に済む場合が多いので、費用の面で見ても予防接種の方が効果ありということになる。

まとめ

タミフルでインフルエンザを予防することはできるが、費用の面などによって現実的ではないことが分かる。

そのため、インフルエンザを予防するには予防接種が一番である。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.