フィンランドのルスカだけに見れる逆さオーロラとは何?あなたを神秘の世界へご案内!

北欧フィンランドの紅葉の季節。通称「ルスカ」その時だけ見れる、幻の逆さオーロラをご存知だろうか?
その神秘の光景に開いた口がふさがらないほどである。果たしてどのようなものなのか調べてみた。


【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

フィンランドの紅葉の時期「ルスカ」

北欧に位置し、日本よりも遥かに寒いとされているフィンランド。その中でも有名な季節があり、それが「ルスカ」である。
ルスカとは、フィンランド語の「ruska」から来ており、紅葉の時期を指している。

日本の紅葉の時期と言えば、だいたい10月下旬から11月くらいの約1ヶ月だが、ルスカの時期はわずか2週間ほどであり、その年の気候によって若干変動する。
ルスカの時期は、見事な紅葉を見ることができ、写真家たちがこぞって集まることで有名である。

・様々な広葉樹、針葉樹
・目を見張るような見事な色彩
・地面の苔が、緑や黄色、赤など何層にも渡る。

更にフィンランドは非常に自然豊かであり、その自然水のほとんどを飲料水として飲んでも大丈夫なほどである。
紅葉の風景を写真におさめて、少休憩時に小川の水をゴクリと飲むだけで自然を感じリフレッシュすることが出来る。


【スポンサードリンク】


特に執筆段階の10月前後は非常にルスカの時期とマッチし、日本からフィンランドに向けて何人もの観光客が向かい、バカンスを楽しんでいる。

では、ここで気になるフィンランドについてだが、あなたは「北欧の国フィンランド」についてどのようなイメージを持つだろうか。
私は「のんびりと安心できる国」という印象を受ける。中には私と同じイメージを持つ人も少なく無いだろう。

調べてみた所、そのイメージで通りであり、「とても治安の良い国」ということであった。
ただし日本と同じように

・暗い夜道は一人で歩かない
・路地裏などは避けて通る
・貴重品を自己管理する

ということを意識していれば、犯罪に巻き込まれる確率は非常に少ないとのことである。
そのため、海外初心者の人によっても言わば日本と同じ感覚で生活することができるため、フィンランドはオススメしたい。

しかしながら、観光シーズンになると人が増えその分、犯罪の確率があがるので少しだけ注意が必要となる。
例えば、ひったくりに気をつけるなど基本的なことを抑えておけばOKである。

では次のページでは、フィンランドの季節ルスカの見どころの一つである「逆さオーロラ」について紹介をする
一体何が逆さオーロラになるのか気になる人はどうぞ。

次のページへ


【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.