シルホイールがイッテQで紹介されたので調べてみた!難易度MAXのアクロバティックとして有名

シルホイールという曲芸を知っているだろうか。別名一輪ラートと呼ばれシルク・ドゥ・ソレイユでも採用されているものである。
そのシルホイールがイッテQで紹介されていたので調べてみた。プロの技に圧巻…


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

これがシルホイール、プロの技だ!

見ても判る通り、大きなフラフープを1つ使って、華麗な技を繰り広げるのがシルホイールである。
一見簡単なように見えるが、やってみるとかなり難しいとの評判である。

2013年に第1回世界選手権大会がシカゴで開催されるなど、密かに人気を博している。
また、日本でも日本ラート協会が設立され、今後日本でも注目がされるだろう。

さて、このシルホイールだが、どれくらい練習をすればパフォーマーとして成長できるのかと捉えた動画がある。
それはこちらである。

30日間練習をしてみた動画である。初日は、シルホイールは簡単に行かないと気づくことになり、そこから練習を続け、練習から3週間後ようやく技のような動きが徐々に現れ始め、コツを掴んだようである。
そして、練習から30日間、立派なパフォームが出来るようになる。

シルホイールもそうだが、やはり人間、練習を怠らなければ結果は出るということになるだろう。

ちなみ、このシルホイールで使われている素材だが、基本は鉄である。
そのため、重いと言う認識になる。なお、このシルホイールをどうやって保管するのか気にならないだろうか。

なんと、4分割出来るため意外と収納には困らないことになる。
もし、分割が出来なければこれを収納するだけでも中々苦労しそうである。


【スポンサードリンク】


シルホイールはどこで購入できるのか?

もし、興味がありシルホイールを始めたい場合、どうすればいいのか。
まずは何はともあれ、シルホイール本体を購入する必要がある。

では、どこで購入することが出来るのか。

まず、ほとんどの人はネットショップで「シルホイール」と検索をするだろう。
しかし、楽天・Amazonともに購入することが出来ない。(そもそも売ってない)

じゃあ、どこで購入が出来るのか。

それは、シルホイールの日本ラート協会というところから購入することが出来る。
日本ラートはこちら

ここに連絡先が書いているので、こちらに連絡することで購入手続きを教えてくれることになる。

楽天やAmazonで購入することが出来ないということでマイナーなスポーツかと思われがちであるが、先ほども述べた通り、世界選手権が数年前から開かれるなど、競技自体としての見通しは明るいと言えるだろう。



【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.