夏の風呂あがりに手足がかゆい…病院へ行く必要はあるのか?

風呂あがりになると、どうも手足だけでなく全身がかゆい。でも、少ししたらかゆみが引く。
そんな経験はないだろうか。これは、温熱じんましんかも知れない。もし、温熱じんましんであれば病院へ行く必要があるのか調べて見た。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

温熱じんましんで病院へ行く必要がある人

結論から言えば「温熱じんましんで病院へ行く必要がある人は、ひどくて耐えられない人のみ」ということである。

温熱じんましんは、意外と多くの人が症状を発症しており、特に夏と冬に症状を発症する。
ちなみに私も、お風呂あがりはかゆいことがしばしば。
そういう時、どうすれば良いのか。とりあえず、涼しい所へ行き患部を冷やすことが重要である。

冷やす際は、身体から熱が逃げやすいようにしよう。例えば、冬の場合、パジャマを厚着にしたまま、窓を開けてもあまり効果はない。
できる事であれば、患部を外気温に出すようにして、数分間我慢すればそれだけで症状が緩和される。

もし、外気温に晒すのが嫌な場合は、患部へ直接冷たいタオルを当てるだけでも良いだろう。

だが、これでも症状が緩和しない人も中にはいるだろう。
もちろんその日の体調によって多少変化はあると思うが、これをやってもまったく改善しないという人が病院へ一度足を運ぶべきだろう。

その時、「お風呂から上がると、身体がかゆいです」と言えば医者は「温熱じんましんかも知れない」と判断し、処置をほどこしてくれるだろう。


【スポンサードリンク】


間違ってもやってはいけないことがある。
それは市販薬を自らの判断で購入し、それを服用してしまうことである。

「手足がかゆい=痒み止め」これは間違いである。

確かに効果はあるかも知れないが、温熱じんましんであるため、根本的な原因解決にはならない。
所謂、一時しのぎである。

更に、成分によっては症状がひどくなることもあるので、温熱じんましんが発症した場合は、薬を塗らず患部を冷やすことを重要視すべきである。

温熱じんましんとの付き合い方

温熱じんましんは、熱い所から寒い所、逆に寒い所から熱い所へ行くと皮膚が敏感に反応し、その結果じんましんを発症するもとされている。
じんましんと聞くと「治らないの?」と思われがちではあるが、治すことは可能である。

例えば、生活環境の変化や年齢によって治ったという人も居れば、逆に生活環境ががらっと変わった(引っ越し・転職など)ことによって、じんましんを発症するようになったという人もいる。

そのため、重要なことは生活環境であり、ストレスを溜めないことである。
ストレスは、じんましんだけでなく身体の機能を著しく低下させてしまうので、溜め込まず吐き出すようにして欲しい。



【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.