ココナッツオイルの効能や副作用をまとめた!トランス脂肪酸が入っていないので健康指向の人向け!

ココナッツオイルはダイエットだけでなく、アトピー改善や生活習慣病の予防と様々な場面で活躍する一方、気になる副作用についてまとめてみた。


【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

ココナッツオイルの効能!別名、痩せるオイル

ココナッツオイルは、別名痩せるオイルと呼ばれるくらい「ダイエット」に効果があるものとして話題である。
しかし、ココナッツオイルの効能はダイエットだけでなく、もっとあなたにとって良いものであることが判った。
それをまとめてみると下記のようになる。

また、最近何かと話題のトランス脂肪酸は含まれていないので、一般的なオイルよりも安全であることが判明している。

アトピー・敏感肌の改善

ココナッツオイルの作用に「毒素排出」があり、これがアトピーにとって効果的であるとされている。
アトピーのため、化粧水や乳液すら付けれない人にとってもココナッツオイルを皮膚に塗っても問題がないというケースも多く報告されている。

ココナッツオイル自体は、医薬品ではないが市販の保湿剤よりも「安全+肌に優しい+乾燥防止」の効果が高いと言う人もいる。
なお、直接肌に塗るよりも毎日大さじ1杯のココナッツミルクを摂取することで、効果があるそうなので、アトピーや敏感肌の人は試してみても良いだろう。

メタボ改善

ココナッツオイルには「中鎖脂肪酸」と呼ばれる脂肪燃焼に高い効果があるとされている成分が多く含まれている。
この成分は、脂肪燃焼だけでなく、新陳代謝向上・コレステロール値の軽減の効果もあるとされている。

メタボと同じく生活習慣病として根付いている「糖尿病」にも効果があるとされている。

便秘改善

多くの女性が悩んでいる便秘にも効果がある。
私の知人もココナッツミルクを毎日大さじ1杯飲んだところ、1ヶ月後にはあれだけ便秘に悩んでいたのに解消したという嬉しい報告があった。

これは、ココナッツオイルに多く含まれている「食物繊維」によるものだと考えられ、便秘に悩んでいる人はぜひ試して見ても良いだろう。

口臭などの口に関するトラブル

ココナッツオイルでうがいをすると「口臭の改善」「ホワイトニング」「歯周病防止」と歯磨きに匹敵するほど効果があると話題になっている。

ラウリン酸で免疫力向上

ココナッツオイルにはラウリン酸と呼ばれる免疫力を向上させる成分が多く含まれている。
その成分量は、ココナッツオイルの約47%である。

なお、このラウリン酸は母乳にも含まれており、赤ちゃんが病気にかかりにくいのはこのラウリン酸が影響しているのではと考えられている。


【スポンサードリンク】


ココナッツオイルの副作用は無い!?

ダイエットだけでなく、口臭など現代人にとって悩み深いものを全て解決するまさに魔法のオイルであるココナッツオイル。
これだけ素晴らしいものであれば、副作用が気になるところである。

しかし、ココナッツオイルには副作用が無いとされている。

というのも、天然のオイルであるためトランス脂肪酸のような有害なものが含まれておらず、身体に悪い成分は確認されていない。
唯一、警告されているのが「アレルギー」である。

滅多にないが、万が一ココナッツオイルでアレルギー症状が出れば、

・下痢
・湿疹が出来る

という一般的なアレルギー症状が出てくる。

その時は、使用をSTOPし医師に相談することをおすすめする。



【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.