なぜ歯医者によって歯石除去が痛いのか?何とか自分で出来ることはないのか

歯医者で定期的に歯石除去をしているが、痛いという話しを聞いたことがある。
ドリルで削られている感じはあるが、痛いというのはそもそもなぜなのか?ということを考えてみた。


【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

歯科衛生士の技術力

歯科衛生士によって、歯石除去のスキルは大きく異なる。
例えば、時間をかけてでも丁寧に歯石除去をしてくれる人、時間を優先するための素早く歯石除去をしてくれる人がいるとする。

果たして、どちらの方が痛くないだろうか。

私は前者だと考えている。後者は時間を優先するあまりに丁寧さがかけて痛い思いをすると予測できる。

こればかりは、どちらが良いかは分からないが、できるだけ痛くない方がよいだろう。

あなたが通っている歯医者はどうだろうか。時間を優先なのか丁寧さを優先しているのか。
もし、時間を優先して素早くやっている場合は、「すみません、丁寧にして貰っていいですか?」と一言言うだけで、かなり改善する。
少しの勇気はいるが、痛い思いをするくらいなら声を出してみよう。

それでも改善しない場合もある。
その時は、やむを得ず歯医者を変更することを考えて欲しい。
「丁寧にやって欲しい」と発言したということは「あなたの歯石除去は痛いです。もっとゆっくりして下さい」という言葉の現れである。

その意図すら伝わらない場合は、もう見限ってもよいだろう。

都会であれば歯医者はコンビニ並に数を増やしている。
1つの歯医者が駄目であったとしてもすぐに新しい歯医者を選択できる患者有利の時代である。

そのメリットを存分に活かすべきだろう。


【スポンサードリンク】


歯石除去をしたくないあなたへ

どれだけ、技術力がある歯科衛生士であったとしても多少なり歯石除去は痛いものである。
数ヶ月に1度あの思いをするくらいなら、何とか予防できないのか。と思っているあなたへ。

歯石除去はある程度予防できるということが判明している。

そもそも、歯石は「細菌の塊」でありそれが固まったものである。
歯石は口臭の原因とされ、定期的に除去することが進められている。

では、どのように日頃予防するのかだが、

・歯磨き粉を使って歯磨きをする。
・食事後30分以内に歯磨きをする。
・歯間ブラシを使う
・電動歯ブラシを使う

ということである程度、予防することが出来る。

特に「食事後30分以内の歯磨き」を私はおすすめする。
歯石は時間が経過するごとに固くなっていき塊になっていく。それを歯ブラシを使って除去していくのだが、固まってしまったものを除去するのは困難である。
力を入れてゴシゴシすると、歯茎を痛めることになるのでおすすめできない。

しかし、歯石が固まってしまう。

その場合は、固まってしまう前に歯磨きをして一気に除去してしまうことが良いだろう。



【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.