iTunesでiPhoneが認識しない原因と対処法は?接続不良が主な原因か…

iPhoneをパソコンに接続しても、iTunesがiPhoneをしてくれないことがある。
この記事では、そんなiPhoneがiTunesに認識されない原因と対処方法を解説していく。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

iTunesでiPhoneが認識しない原因は?

iTunesがiPhoneを認識しない原因は2つ考えられる。

1つ目の原因は、パソコンとiPhoneの接続不良による認識不良だ。

iPhoneとパソコンのiTunesを接続される間には、数々のソフトウェアが利用されている。
その中の1つでも問題が起こるとiTunesはiPhoneを認識できない。

また、ソフトウェアに問題がなくても、iPhoneとiTunesを繋いでいる、LightningケーブルやUSBケーブルが断線していることも考えられる。

2つ目の原因は、iPhoneを読み込むソフトウェアがパソコンに入っていないことによる認識不良だ。

パソコンがiPhoneを認識するには、専用のソフトウェアが必要だ。

このソフトウェアは、通常iTunesをダウンロードした時に、パソコンに一緒にインストールされるのだが、何らかの理由で削除されてしまうと、iTunesはiPhoneを認識することができなくなる。


【スポンサードリンク】


iTunesでiPhoneが認識しない対処法は?

iTunesがiPhoneを認識しない場合の対処方法は、原因によって異なる。

ここでは、原因毎に対処方法を紹介していく。

iTunesとiPhoneの接続不良が原因の場合

iTunesとiPhoneの接続不良が原因の認識不良は、iTunesとiPhoneの接続を仲立ちしてるソフトウェアに問題が起こっている可能性が高い。

そのため、iTunesを再起動させてiTunes側のソフトウェアを始めからやり直させることで問題が解決することもある。

また、パソコンを再起動させることで、パソコン側のソフトウェアを始めからやり直させることで問題解決して、iTunesがiPhoneを認識する場合もある。

つまりまずは、iTunesを再起動させて、それでも問題が解決しなければ、パソコンを再起動させるのが良いだろう。

もし、再起動しても直らない場合は、ソフトウェアの再インストールを行う。

iPhoneとiTunesを繋いでいるLightningケーブルやUSBケーブルが断線していることによる認識不良の場合

この場合には、新しいケーブルを使用するしか問題を解決する方法はないだろう。

ケーブルは消耗品のため、いずれは断線することを頭の隅に置いておくと、トラブルが起きた時にケーブルが原因か?と気づくことができる。

iPhoneを読み込むソフトウェアがパソコンに入っていないことによる認識不良の場合は、パソコンにソフトウェアをインストールすることで問題が解決する。
パソコンがiPhoneを認識するために必要なソフトウェアは、「Apple Mobile Device Support」だ。

このソフトウェアがパソコンに入っているかどうかの確認方法は、デバイスマネージャーからユニバーサル シリアル バス コントローラーを選ぶ、するとドライバーのソフトウェアの一覧が表示される。
ここでApple Mobile Device Supportが無ければ、ドライバーがないことによるiPhoneの認識不良だと判断できる。

この問題は、AppleのサイトからApple Mobile Device Supportをダウンロードすれば解決するだろう。

もし、ここで紹介した方法で問題が解決しないのならば、Appleサポートに連絡をして相談するのが良いだろう。

特にAppleケアプランに入っているのなら、追加料金なしで相談できるので、積極的に使用した方が良いだろう。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.