iPhoneの復元が終わらない理由は?リカバリーモードから脱出するには?

iPhoneを復元しようとした時に、結構な時間が経過しても復元が終わらないことがある。

復元作業は、それ程頻繁に行わないので、作業時間の目安も分からないことが多い。

これは復元が行われているのか?
と、不安になることもあると思う。

iPhoneが復元を行う時には画面に、復元作業の進行度を知らせるバーが表示される。

このバーが、様子を見ても動かない時は、復元に何らかの問題が起こったと思って良い。

今回は、そうなった時の対処方法を解説していく。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

iPhoneの復元が終わらない原因は?

iPhoneの復元が終わらない原因は、何らかの理由で復元が完了しない事態がiPhoneで起こっているからだ。
大概の場合、ユーザー側から復元が終わらない原因を特定することは出来ない。
そのため、iPhoneの復元が終わらない場合の対処方法は、復元が終わらない原因を予測して対処することになる。

どうしたら復元が終わるの?

iPhoneの復元が終わらない場合にできる対処方法は、3つある。

1つめの方法は、復元を一旦終了させて、もう一度始めから復元を行う方法だ。
この方法は復元ファイルに問題がなく、復元の途中で問題が起こった場合ならば、この方法でiPhoneを復元できる。

2つめの方法は、他の復元ファイルで復元を行う方法だ。
この方法は、iPhoneに問題がなく、復元ファイルに問題がある場合に効果的な方法だ。

3つめの方法は、パソコンに保存した復元ファイルを利用して復元を行う。
この方法は、iPhoneにもクラウドのバックアップにも頼らない方法なので、パソコンに問題がなければ、ほぼ確実に復元できる方法だ。

前述したように、ユーザー側からiPhoneの復元が終わらない原因を、特定することは困難である。
実際には①を試して復元しなければ、②を試してそれでも復元しない場合に③を行うという流れになる。


【スポンサードリンク】


リカバリーモードになったらどうしたらいい?

iPhoneがリカバリーモードになった場合に復帰させる方法は、2つある。

1つめの方法は、iPhoneを強制的に再起動させる方法だ。

ホームボタンと電源ボタンを同時に押すことで、iPhoneを強制的に再起動させることができる。
1度行ってもリカバリーモードから復帰できない場合もあるので、何度か強制的に再起動させる必要がある。

2つめの方法は、iTunesに接続してパソコンから過去のパックアップを利用して復帰させる方法だ。

この方法なら復帰することに、iPhoneを利用しないので、パソコンに問題がなければ、スムーズにiPhoneを復帰させることができる。

とちらの方法で復帰させても、復帰した後のデータは、過去のバックアップファイルに依存するので、定期的なバックアップを行うことが大切だ。

まとめ

今回はiPhoneの復元時に問題が発生した時の対処方法を解説してきた。

これらの方法を試みて復帰しなければ、iPhone自体に問題が起こっている可能性も考えられる。

ハードウェアに問題が起こっていると、ユーザー側で直すことは困難だ。

AppleにはiPhoneなどのApple製品をサポートをしてくれる部署が用意されている。

ここで紹介した方法を試みて復帰しなければ、Appleサポートに連絡をして相談するのが良いだろう。

特に貴方がAppleサポートプランに加入しているのなら、Appleサポートは無料で利用できるので、積極的に活用した方が良いだろう。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.