24時間テレビのマラソンにやらせ疑惑が浮上するのはなぜか?

24時間テレビの名物コーナーとなっているマラソン。いつからか「やらせ」ではないかという疑惑が拭い切れない。
では、そもそもなぜ24時間テレビのマラソンはやらせが発生するのかそれを考えてみた。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

炎天下の中、100キロを走れるのか?

その年によって多少の変動はあるが、24時間テレビのマラソンは100キロが基本となっている。
あなたは100キロを走ったことはあるだろうか。ほとんどの人が「ない」と答えるだろう。
私もその一人である。

では、「100キロ走れますか?」と言われれば「無理」と答える人もほとんどだろう。
それが例えば、会社からの命令であっても難しいだろう。

24時間。1時間あたり約4キロを走れば良いことになるが、24時間通して走り続けることは出来ない。
仮に睡眠時間を6時間とったとしても、18時間となり、1時間あたりは6キロとなる。

1時間で6キロと聞けば意外と楽勝かもと思うかも知れないが、炎天下である。
しかも、地面はコンクリートがあったり、山道があったりと平坦ではない。

つまり、通常のマラソンコースではないため、足や腰に来る負担は数倍にも及ぶだろう。

よって、条件からしてかなり「厳しい」ものになることは間違いない。
そのため、「そもそも完走出来るのがおかしい」と考えても不思議ではないだろう。

更に私として気になるのは、「放送時間ぎりぎりに完走する」ということである。
スタッフが調整しているにしても、おかしいと思わないだろうか。

例えば、1度くらい放送終了の1時間前にたどり着いてもおかしくない。
だが、私が知る限りでは、24時間テレビのマラソンは放送時間ぎりぎりもしくは、放送終了後にゴールしている。

つまり、この点から見ても「何かしらの調整がある=やらせ」と思って仕方がないのではないだろうか。


【スポンサードリンク】


なぜか完走率100%さらに…

不可解な点はまだ続く。過去のランナー、老若男女問わず「全員が完走している」ということである。
これはおかしいと思わないだろうか。仮に1人くらい途中で怪我や体調不良により、リタイアしても何らおかしくないだろう。

また、炎天下の中、走るため熱中症になり救急車騒ぎになっても何らおかしくないはない。
しかし、過去のランナーいずれもそのようなトラブルもなく、完走をしている。
この点を見ても「やらせ」ではないかと思う。

更に、情報が定かではないが「車で移動をしていた」ということを目撃した一般人もいるということである。
まことしやか囁かれている「24時間テレビのマラソンやらせ疑惑」。これだけでも十分やらせと思ってしまう私がおかしいのだろうか。

Twitterの発達

TwitterなどのリアルタイムSNSが発達したため、先の「車で移動していた」という極端な行動は出来ないだろう。
実は、24時間テレビのマラソンの裏ネタをスクープするため、ずっと張り付いて共に行動している人がいるという噂もある。

その人は、常にTwitterで情報をUPし、不審な行動があれば判るように監視をしているということである。

Twitterの発達がこのようなことになるとは思わなかったが、それだけ24時間テレビのマラソンというものの「やらせ疑惑」が拭い切れないのは事実だろう。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.