高校野球のボールボーイはどのような仕事をしているのか?

熱戦が続く、高校野球。影の功労者と言われるボールボーイだが、一体どのような仕事をして、どういう役割を成しているのか気にならないだろうか?
その、ボールボーイの役目について調べてみた。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

ボールボーイの選出方法

高校野球の場合、ボールボーイはベンチに入れなかった選手が務めることが多い。
その人たちは、惜しくも背番号を貰えない野球部の人たちだ。

だが、ボールボーイがたまにテレビに映ることはあるのだが、彼らの表情は固い。
味方が点を取って無表情であったりとこれは個人的に気になった。

調べてみると、ボールボーイという役目に徹しているためである。

ボールボーイとは言え、甲子園の土を踏むことができるポジションである。
役目としては、ファウルボールの処理やこぼれたボールの処理を早く行う必要がある大切なポジションである。

彼らがいないとどうなるのか。暑い中、ボール処理に時間がかかりその結果、試合が長引き選手たちの集中力が持たない。
つまり、力を出し切れず甲子園という大舞台で敗退ということに繋がるだろう。

そのため、ボールボーイとは言え、試合時間を左右する大切なポジションになる。
なお、ボールボーイを選出出来ない場合がある。

それは、野球部の人数が試合ギリギリの場合である。

その時は、高校野球の大会本部から選出され、ユニフォームはその高校のものではなく、白無地のユニフォームになる。
もし、甲子園のテレビを見ていて、白無地ユニフォームの人がボールボーイをやっているのであれば、「あっ、野球部の人数が少ないんだ」という楽しむも出てくるだろう。


【スポンサードリンク】


意外としんどいボールボーイ

ボールボーイと言えば、ボールを拾うだけの簡単な仕事のように思える。
しかし、常にボールを見ていないとボールの行方が分からず試合の進行に大きく影響してしまう。

よって、集中力は試合に出ている選手とそう大きくは変わらないだろう。
だが、ボールを取りに行く体力が必要であったりと、意外と重労働なのではないかと私は考えている。

ちなみにこれがプロ野球の場合であれば、アルバイトで賄っていることが多いようである。
ボールボーイの仕事とは言え、あこがれの選手のプレイを間近で見ることができるので、野球好きの人は是非アルバイト募集を探してみても良いだろう。

なお、野球だけでなくテニスにもボールボーイがある。
野球と違い1球1球、息の詰まるようなプレイがあるので、どちらかと言えばテニスの方が集中力が必要になってくるのでないかと考えられる。



【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.