iPadでLINEへログインできない場合のチェックリスト

iPadでLINEへログインしようとするとエラーとなってログイン出来ない場合、確認すべき項目をリストアップしてまとめてみた。
これで私は無事にログインできるようになった。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

iPadでLINEへログインできない場合のチェックリスト

普段、iPhoneを使っていてiPadを新しく購入し、LINEへログインしようとした所、認証がうまくいかずエラーとなった。

これが私が遭遇したiPadでLINEへログインできない現象である。その過去の経験を振り返り、改めてチェックリストを作ってみた。

・iPhone版LINEでメールアドレスとパスワードを設定する

・他端末ログイン許可をONにする

というものだ。

 

まずは、「メールアドレス」と「パスワード」の設定だが、iPhone版LINEの

[設定]

[アカウント]

[メールアドレス変更]

をタップして、新しくメールアドレスを登録する必要がある。これがないと、そもそもログインできないことになるので必須となる。

メールアドレスが設定できれば、次に行うのが「他端末ログイン許可」である。これは、

[設定]

[アカウント]

[ログイン許可]

がONになっていることを確認して欲しい。これがOFFになっていると、今使っている端末以外からはLINEへログインできないことになるので、複数端末(iPhone、iPad、PCなど)でログインする場合は、必ずONにしておく必要がある。

 

ちなみに、同画面にある[ログイン中の端末]をタップすると、今ログインしている端末の一覧が表示される。

万が一、不正なログインがあった場合は、この項目を見ておかしなものがあれば「ログアウト」ボタンをタップすると良いだろう。

その後、パスワード変更をすれば不正なログインを防ぐことが出来る。


【スポンサードリンク】


iPadでLINEへログインしてみよう

ここまでの下準備が終われば、いよいよiPadを使ってLINEへログインする手続きとなる。

まずは。AppStoreから「LINE」をダウンロードする。ダウンロード完了後にアプリを立ち上げると、メールアドレスとパスワードを入力する画面となるので、先ほど設定したものを入力しログインする。

 

すると、本人確認画面ということで4ケタの数字が表示されることになる。

 

これをiPhone版LINEで入力すれば、iPadでもLINEへログインする手続きが完了となる。

 

間違えやすいのが。本人確認画面での数字である。これをどこに入力するのかや何のために行うのか判らない場合があるので、再度紹介する。

これは、メールアドレス+パスワードでログインが可能になってしまうと、不正なログインが発生するケースがある。それを防ぐために、iPhone版LINEへ「この端末からログインを許可してもいい?」ということを認証するためである。

ダブルチェックのようなものと考えて頂ければOKである。

 

この本人確認画面の数字を入れない場合は、iPadでLINEへログインすることが出来ないので、問題がないという場合に限り認証を行うようにする。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.