iOS9にバグ・不具合はあるのか?Twitterの情報を元にまとめてみた

2015年9月17日にiOS9がリリースされた。当初の予定通り、広告ブロックやバッテリー周りの改善など様々なバージョンアップがなされている。
しかし、気になるのがバグ・不具合である。これについてネット上であがっているものをまとめてみた


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

iOS9であがっているバグ・不具合のまとめ

執筆段階でiOS9のバグ・不具合として話題になっているものをまとめてみた。

・AppStore/iTunesStoreが英語表記になる
・アプリの読み込みが遅くなった
・通知がなぜか多く来るようになった
・MusicBoxのプレイリストが消えた
・LINEの通知がこない

など一部のユーザでバグ・不具合があがっている。
と言っても以前にあったようなバージョンアップをするとそもそもiPhoneが起動しないと言った、致命的なバグはないようである。

ちなみにこれらのバグ・不具合については、必ずしも起こる訳でなく、一部ユーザ・端末で起こっていることになる。
また一方で、

「バグや不具合が見当たらないけど、WebサイトやアプリがiOS9に対応していないので、アップグレードしない方が良い」

というアドバイスもある。

これを受けて私は「まだiOS9へバージョンアップしない方がよい」ということを考えている。
理由は、バグ・不具合というよりもアプリが対応してない可能性があるためである。
例えば、あなたが日頃使っているアプリ。日常でも仕事でも使っているが、iOS9にしたことで使えないということは必ずしもないとは言い切れない。

というのも、これだけたくさんのアプリがあった場合、全てのアプリがiOS9に対応しているとは思えないためである。
やはり、いずれかもアプリでそもそも起動しないや頻繁に落ちてしまうなど、快適に使えないことも十分に考慮される。

では、どのタイミングでiOS9へバージョンアップをするほうがよいかということではあるが、
「必要なければバージョンアップすることはない」
ということである。

iOS8の段階でもかなり洗練されたものであり、ほとんどのバグが修正されている。
そのため、今のOSで十分に満足しているということであれば、わざわざリスクをおかしてまでも、バージョンアップする必要はないためである。

では、ここでiOS9にするメリットは何か。
・広告ブロック
・バッテリーの改善
・セキュリティ強化
というのが主である。

特に大きいのが、バッテリー改善である。ついついiPhoneを使いすぎてバッテリーが残りわずかという経験は、iPhoneユーザであれば経験あるだろう。
それがわずかながらではあるが、マシになるのは大きい。

しかし、

「メリットを取りに行くためリスクをおかす必要があるか」

という目的があるのであれば、バージョンアップする必要はあるが、私は当面するメリットがないので、iOS9へのバージョンアップはしないことにしている。


【スポンサードリンク】


なぜ慎重になるのか?iOSのバージョンアップ

「OSのバージョンアップはリスクが伴う」

これは近年、スマホが台頭して来たことにより認識されるものになった。
というのも、OSのバージョンアップをしたら

・データが全部消えた
・電源が入らない

という自体があるためである。実際に以前、iOSで似たような不具合があり、それ以降、かなり慎重になるユーザも増えてきた。
人柱と呼ばれる、OSが出たらすぐにバージョンアップする人たちの報告を待ってから、バージョンアップをする人も多いだろう。

やはり、スマホは生活に密着しており、1日でも無くなれば不安になったり、落ち着かない人もいるだろう。
なので、OSのバージョンアップで使えなくなるということは、生活に対して影響があるということになる。

よって、OSのバージョンアップは慎重になっているのではないかということである。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.