夏の保温弁当で腐らない対策方法!おかずとご飯をわけてしまう!

温かいお弁当を食べるために保温機能がついたお弁当箱を使っている人もいるだろう。梅雨が終わり夏になると気になるのが、おかずが腐らないかである。
その腐らせないための対策方法を公開!


【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

基本は腐らないと言われているが…

「夏の保温機能が付いた弁当はおかずが腐るのか」

という根本的な疑問の回答としては「基本は腐らない」とされている。
ネット上でも同じような疑問があり、その回答としては、

・腐らないけど心配
・今まで数年、保温機能が付いた弁当箱を使っているけど体調を崩したことがない
・ご飯と汁物だけ保温している
・おかずは別の容器にしている

というものである。つまりは、「夏のお弁当箱に保温機能が付いた弁当箱を使っても、まず問題ない」ということになる。
しかし、おかずによっては腐ってしまうようなものもあるだろう。


【スポンサードリンク】


そもそも、細菌が繁殖されやすいのは人間の体温に近い、40度前後されている。
この温度を保ってしまうと細菌が繁殖し、お弁当が腐ってしまうことが考えられる。
では、保温機能お弁当箱の温度がどれくらいかと言えば、メーカーによって異なるがおおよそ40度くらいとされている。

そのため、細菌が繁殖しやすい条件としては揃ってしまっている。

よって、神経質な人は保温機能が付いたお弁当箱を使わない方が無難だろう。

では、どうすれば温かいお弁当を食べることが出来るかということになるが、
私がおすすめするのは「おかずを別容器(電子レンジOK)に入れる」ということである。

お弁当を食べる環境にもよるが、おかずだけは別容器に、電子レンジでチンをする。
そして、ご飯と汁物は保温機能が付いたものを使うということである。

ご飯とおかずを一緒に電子レンジする方法もあるが、チンした場合、ご飯の美味しさがどうしても落ちてしまうので、最初から温かいご飯の方が美味しく頂ける。
汁物についても同様である。

洗い物の手間はかかってしまうが、これだと夏や梅雨など細菌が繁殖しやすい場合でも安心してお弁当をたべることが出来るだろう。
また、おかずを入れる際は出来たてを入れると先の細菌が繁殖しやすい条件に合致してしまうので、少し冷ましてから入れると更に安心である。



【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.