一般的な会社のお盆休み期間はいつからいつまでか?職種によっては仕事が多くなることも…

8月に入るとお盆休みで休暇を取る人も多いだろう。一般的な会社の場合のお盆休みはいつからいつまでかを調べてみた!
お盆休みがない会社であっても通常であれば仕事が少なく、残業時間も減ると考えられる。一方でお盆休みだからこそ、混雑する職種を紹介する


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

一般的なお盆休みは8月13日から16日

世間一般ではお盆休みは、毎年8月13日から16日とされている。
この期間は多くの会社も休みであり、それぞれ実家へ帰省し先祖を供養するだろう。

なお、2015年の場合、8月13日が木曜日であるため、8月16日が日曜日となる。

もし、有給休暇を取得できる場合は、8月10日(月)から8月13日(水)まで休みにすると、9連休となる。
だが、お盆休みはそもそも体育の日やみどりの日のように国民の祝日ではないため、会社によっては休みがない所も少なくないだろう。

私の会社も残念ながらお盆休みはないことになっている。

しかし、お盆休みがないからと言って悲観することもないだろう。
例えば、ほとんどの大手企業がお盆休みとなるため、営業であれば営業先が休みであったりコールセンターであれば、1日にかかってくる電話が少ないと予想される。

つまりは、いつもに比べて仕事量が少なくなるケースが増えるということになる。
よって、残業時間が少なく通常よりも早く帰宅できると予想できる。

実際に私の会社では、お盆休み中はほぼ顧客から連絡もなく、会社自体ものんびりした空気である。

なお、次に「お盆休みだからこそ仕事量が増える職種」を紹介する。


【スポンサードリンク】


お盆休みだからこそ仕事量が増える職種

お盆休みだからこそ忙しくなる職種は、

・寺関連
・交通機関
・コンビニ(都心以外)

である。

寺関連は、先祖を供養するためお坊さんを呼んでお経を唱えることもあり、それにより仕事が増えると予想される。
交通機関は、帰省ラッシュのためいつも以上に乗客も多く誘導やトラブルが発生しやすい。

また、コンビニに関してはお盆休み中は、都心の人が少なくなるため都心のコンビニはいつもよりも忙しさが減るだろう。
その分、田舎のコンビニに人が押しかけると予想されるため、マネージャクラスの人は人員配置に気を配るべきだろう。

なお、他にも親戚が集まったり帰省するということで「お寿司」「ピザ」を配達注文する家庭も少なくないため、
配達関連も忙しくなるだろう。

お盆休みだからと言って全ての仕事が忙しくなくなるという訳でなく、一方で忙しくなる職種もあることを覚えて欲しい。



【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.