iPhoneのワイファイを設定する方法は?メリットとデメリットは?

観光地にいったときに、ここは無料ワイファイスポットです。といった看板を見たことはないだろうか?
最近では、自治体も観光地に無料ワイファイスポットを用意してる所が増えてきた。
だが、インターネットに馴染みのない方には、ワイファイが何のことなのか分からないだろう。

このワイファイ、利用すると、とても便利なサービスなのだが、利用しなくてもiPhone自体の機能には何も影響を与えないので、知らないとずっと知らないままになってしまうこともある。

今回は、そんなワイファイに関して解説して行く。
これを読んで、ワイファイを使いこなして、もっと便利にiPhoneを使ってもらえたら嬉しい。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

そもそも、ワイファイとは?

ワイファイとは、無線でインターネット通信をすることだ。

ワイファイや、WiFiと表示される。
ワイファイは自分の高速通信容量を消費せずに安定した高速通信が可能だ。

そして、現代社会ではワイファイは、そこら中に飛んでいる。

しかし、ワイファイは何でも利用できるわけではなく、自分が契約している通信会社が提供しているワイファイや、観光地の自治体などが提供しているフリーワイファイスポットと呼ばれるワイファイなど、自分の契約によって使用できるワイファイ、使用できないワイファイがある。

どのワイファイは自分が使用できるのか、確認してみるのが良いだろう。

ワイファイのメリットとデメリットは?

ワイファイのメリット

ワイファイのメリットは、自分の高速通信容量を消費せずに、インターネットに接続できることだ。しかも、無料で利用できる場所があちこちにある。

信頼できる通信回線を利用したワイファイならば、安定した高速通信を利用できる。

ワイファイのデメリット

ワイファイのデメリットは、ワイファイを提供している誰かの通信回線を借りて通信しているので、何かの拍子に突然通信が途切れることがある。

また、利用者の数に応じて回線速度が変わるので、安定して通信ができなくなる場合がある。


【スポンサードリンク】


iPhoneのワイファイを設定する方法は?

iPhoneでワイファイを設定する方法は、ホーム画面の設定を選択し、次の画面でWiFiを選択する。

次の画面でiPhoneが電波を拾っているワイファイの電波の一覧が表示されるなので、接続したいワイファイを選択する、次の画面で選択したワイファイのパスワードを求められる、ここでパスワードを入力すれば、それ以後はワイファイを使用できる。

1度使用したワイファイは、パスワードが保存されるので、これ以後はワイファイの接続がオンになっていれば自動的に接続するようになる。

フリーワイファイスポットでは、多くの場合に、ワイファイスポットの説明文や看板にワイファイスポットのパスワードが書かれているので、利用する場合はその辺りを探すと良いだろう。

まとめ

ワイファイを利用すれば、自分の高速通信容量を気にせずに高速通信を利用できる。
また、iPhoneのワイファイ設定は、最初は戸惑うかもしれないが、1度行えばすぐに慣れてできるようになるだろう。

そして、最近では国内外の観光地やホテルなどで、フリーワイファイスポットを用意している所も増えてきた。

これらのスポットを利用すれば、今まで以上に快適に外出先でiPhoneを使用できるだろう。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.