iPhoneのマイクの場所はどこ?実は3つあるのはご存知だろうか…

iPhoneには3つのマイクが備わっていることは意外と知られていない事実だろう。その3つのマイクにはそれぞれの機能があり、場所毎によって異なる。
今回はそんなiPhone3つのマイクについて紹介する


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

iPhoneのマイクの場所はどこ?

冒頭でも紹介したが、iPhoneのマイクは3つある。

① 前面に1つ

② 裏面に1つ(カメラの近く)

③ 側面に1つ(充電器を指す所に近く)

それぞれに用途が異なる。

 

まず「① 前面に1つ」だが、これは通話の際、相手の音声がここから出ることになる。通常の携帯電話で言う所の「受話器」に当たる部分である。

耳に当てるので当然といえば当然かも知れないが、これもマイクの1種ということになる。ちなみに、LINEやSkypeの音声もここから出ることになっている。

また、音楽(iTunes)に関しては側面から出るようになっているので、ここが違うということになるだろう。


【スポンサードリンク】


次の「② 裏面に1つ(カメラの近く)」だが、この用途は

・ボイスメモ

・ビデオ

などにおける「集音・録音」用のマイクとなる。そのため、ボイスメモを取る場合、iPhoneを裏側に向けてセットするとクリアに録音することができるので覚えておくと良いだろう。表側に向けておくと、この集音マイクに音が届かないため、聞き取りづらい音で録音してしまうことになる。

 

最後の「③ 側面に1つ(充電器を指す所に近く)」だが、この用途は「② 裏面に1つ(カメラの近く)」と同じということである。

ステレオで録音するためこのような離れた位置で録音するということになっているようである。

 

以上がiPhoneのマイクの場所についてである。いずれも大事な部分であり、破損してしまうと通話が出来ないことになる。(メールやLINEは出来ると思うが…)

 

なお、通話しているときに相手から「声が聞き取りにくい」と言われ場合は、あなたの指が「② 裏面に1つ(カメラの近く)」「③ 側面に1つ(充電器を指す所に近く)」にかぶっていないか確認して欲しい。

もし被っているようであれば話すだけでもクリアな音になり正常に通話することが出来るだろう。

 

意外と知られていないiPhoneのマイクの場所だが、こうしてみてみるとかなり緻密に作られていることが判る。これからiPhoneもどんどん進化し、新しいマイクの場所が新たに増えるかも知れない。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.