iPhone6sのケースはiPhone6と同じで使える?サイズから調べてみた

iPhone6sの発売が決定し気になるのが、iPhone6のケースをそのまま使うことが出来るのか?と言う問題である。
再度購入するのはお金がかかり嫌というので出来るなら同じものを使い回ししたい所である。果たして…


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

iPhone6sとiPhone6の比較

各端末のサイズなどを比較してみた。

[ディスプレイサイズ]
iPhone6s:4.7インチ
iPhone6 :4.7インチ

ディスプレイのサイズは変わらずそのままである。つまりは、液晶保護シールはiPhone6用のものを買っても問題ない。
ちなみにiPhone5sは、ディスプレイサイズが4インチとわずかに小さいので同じiPhoneだからと言ってiPhone5sのものを購入すると液晶保護シールはNGである。

[薄さ]
iPhone6s:7.1mm
iPhone6 :6.9mm

わずかに新型であるiPhone6sの方が薄くないことになる。これはバッテリーが強化されたり、メモリが2Gになったりするために発生することによるものだろう。
と言っても比べれば判る範囲で普段持ち歩く分にさほど問題となる長さではないだろう。

[高さ]
iPhone6s:138.3mm
iPhone6 :138.1mm

これも薄さと同じ影響があるためである。

[幅]
iPhone6s:67.1mm
iPhone6 :67mm

では、これを元にすると果たして、「iPhone6sのケースはiPhone6と同じで使える?」ということだが、「ほぼ問題なく使える」ということになる。
それはなぜか。高さと幅などが0.数ミリ単位でしか変わらないためである。元々ケースはある程度ゆとりを持たせて作っているため、逆にフィットする方になると考えられる。

また、皮やゴムのケースの場合は伸び縮みするので融通が効くことも使える理由の一つである。

では、なぜ「ほぼ問題なく」という表現なのか。
これはケースによってはジャストサイズで作っており、一切余裕がないケースも存在する。
そうなると、iPhone6sでわずかにはみ出した長さをカバーすることが出来ずケースに入らないという事態に陥ることになる。

つまりは、

iPhone6s用のケースを買う前にiPhone6のケースを試してみること

これが一番効率のよい方法と考えられる。


【スポンサードリンク】


オススメケースはあるの?

私は現在iPhone5sを使っており、iPhone6sへ乗り換える予定は今のところない。
そのため、もし私がiPhone6sへ乗り換えするのであれば、どういうケースを購入するかという視点でお話をする。

まずは、「iPhone6用のケースを探す」ということである。これは、安さと種類の多さを加味してのものである。
iPhone6sが発売してもすぐに良いケースが出るとは限らず、成熟したiPhone6用のケースで探した方が自分にあったケースが見つかりやすいというためである。

更に値段も発売から日数が経過しているため安く購入することが出来る。
実際に近くのディスカウントショップでは、500円で投げ売りされている程である。

確かに先ほどのように大きさが変わることによりケースが入らないリスクはあるが、それはほぼ稀であると考えているため、一度iPhone6用のケースで探してみることもよいだろう。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.