USJトラウマ「最恐実験病棟」ネタバレと感想!史上最大級の怖さは伊達じゃない

2015年9月11日よりUSJハロウィンホラーナイトが開催される。
中でも評判なのが、トラウマ「最恐実験病棟」アトラクションである。誓約書が必要とネット上で話題となっている。
さて、そのネタバレと感想についてまとめてみた!


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

ホラーレベル10と史上最大級

かつて類を見ない程の怖さであるホラーレベル10の称号を得たトラウマ「最恐実験病棟」

R指定+あまりの恐怖に精神的トラウマを植え付けてしまう可能性があるとして誓約書が必要と1遊園地の域を超える程の気合の入れようである。
さて、その内容は、「心理学者が行ってきた恐怖の人体実験。あなたはそこに立ち会い、常軌を逸した監視官の指示に従わなくてならない」と公式サイトでは謳っている。

ホラーナイト アドレナリンの夜

つまりは内容としては人体実験関連である。

予想としては、

・スモーク
・ストロボ(強い光)
・水
・大音量
・暗闇
・臭い
・虫

など5感に対してフルアプローチをかけるようなものになる。


【スポンサードリンク】


場合によっては得体のしれないものを食す場面があっても不思議ではないだろう。

・視覚(暗闇)
・味覚(食事)
・聴覚(大音量)
・触覚(虫を触る)
・嗅覚(臭い)

ということになるだろう。ネタバレとしては、まだ開演前ということで定かではないが、先ほどのように5感に対して何かアプローチをかけてきて精神的な恐怖を味わうようになっているだろう。
また、私としてはこれだけ公式サイトが謳うことは過去に前例がないため、

よほど強靭な精神力を持った人のみ

体験することがトラウマを植え付けないという意味では良いかもしれない。
怖いものみたさということは判るが、決して安易にアトラクションに参加しないほうが良いかも知れない。

次のページでは、トラウマ「最恐実験病棟」の感想を紹介する

次のページへ


【スポンサードリンク】


ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.