高校野球の甲子園の審判は報酬・給料なしという噂は本当なのか!?

甲子園での裏方である審判。噂によると報酬・給料なしということである。
果たして本当なのか?それについて調べてみた。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

噂は本当だった…高校野球の審判は給料なし

高校野球の審判は何と給料や報酬などは一切ないということであった。
ただし、食費・宿泊費・交通費に関しては別途、高校野球連盟から支給されるということである。

つまり、甲子園の審判はボランティアということになる。

なお、ボランティアだからと言って誰でも甲子園の審判が出来るかと言えば、そうではない。
大学野球や社会人野球での実績が考慮されて、それを元に審判員として認められるかどうか判断されることになる。

もちろん、主審だけでなく塁審になることも十分にありうる。

ちなみに、高校野球の審判はアマチュアであるため、プロ野球に比べて誤審がないと言えばそうとは言い切れないことになる。
しかし、あの暑さの中、ボランティアでやり続けるということになると多少の誤審の仕方ないのではないかと私は考えている。

本当に微妙なプレイがある場合もあり、ビデオで見てもどちらとも取れることがあるだろう。
そういう場合、無料でやっている審判にあたるのは間違えだろう。

と言っても、明らかな誤審というのはTV的にも苦情が行くのでそこは問題ないだろう。

では、なぜ彼ら審判はボランティアであっても甲子園の審判をやりたいのか。
それは私の推測にはなるが、ある意味夢だからではないだろうか。

多くの人は昔、高校野球をやっており夢半ばで甲子園に出ていない球児だろう。
その夢が審判であっても叶うとなれば、ボランティアであっても出てみたくなるのが人の性ではないだろうか。

例えば、あなたが役者を目指しており、本当に少ししか出演出来ない映画のエキストラの募集があれば、まず応募するだろう。
それと同じことが甲子園の審判ということになるだろう。


【スポンサードリンク】


甲子園の審判は1人ではない

詳細は判らないが、甲子園の審判は1人ではないと考えられる。
これは、単に体力的な問題になる。

あの暑さの中、午前中から夕方までずっと審判を3週間続けることが出来るかと言えば、まず無理である。
そのため、恐らく1試合毎に審判は変わるだろう。

これも単に1人に甲子園の審判という特別なポジションを経験させるのではなく、色んな人に甲子園を経験して欲しいという大会側の配慮はあるだろう。

私達から見れば、「暑い中、よくお金ももらわず審判するよな」と思うかも知れないが、彼らにとってはお金よりも大事な夢というものを叶えるため、審判を行っているということになるだろう。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.