夏の暑さ対策!外回りが多い営業マン必見!

夏になると厳しいのがスーツを来て炎天下の元、外へ営業行くことだろう。
少しでも涼しく出来ないかとお悩みのあなたへ、今年の夏はこの対策を施して乗り越えてみないだろうか。


【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

営業マン必見!みんなやっている夏の暑さ対策

水に濡らすと冷たくなるタオルを首に巻く

最近では、水に濡らすと冷たくなるタオルがデパートなどで入手することが出来る。
一般的なタオルよりも冷感が強くなり、「気持ちいー」を実感できるとあって人気である。

使い方は、水道水など普通の水でそのタオルを濡らし絞るだけである。
これだけで冷たいタオルの完成である。

これを首元に巻き、熱くなった体温を冷やすという流れである。

ポイントは、首や脇など人間の体温で一番高いところを冷やすことである。
そうすることにより体温が低下し、体中が涼しくなる。

また、首には太い血管が通っているため、そこを冷やすことによってその冷たくなった血液が全身へ流れことになる。
なお、このタオルは水でベトベトになりにくく、駅のトイレでも簡単に作ることが出来るので、現代の営業マンには必須のアイテムとなりつつある。


【スポンサードリンク】


身体に塗ると冷たくなるジェルを使う

身体に塗るだけでけで涼しく感じるジェルをご存知だろうか。

キャップを取り、涼しくしたい所へ直接塗るだけのお手軽なものである。
これも先ほどと同じく、首まわりを重点的に行えば全身に塗る必要もなく涼しく感じることが出来るだろう。

あなたが仕事で使っているカバンの中に入っているといざという時に役に立つこと間違いないだろう。
なお、クールミントの香りなので、痒み止めのジェルのようなツーンとして匂いはないので、商談前に使っても問題ないだろう。

冷却スプレーを使う

これは定番である。
市販の冷却スプレーを使い、服の中へ冷たい空気を送り込むものである。

注意としては、かなり冷たいものもあるので一気に送りすぎると冷たすぎて、びっくりすることもあるだろう。
そのため少しずつ冷気を送り、身体を慣れさせる必要があるだろう。

他にも…

・夏は暑いものと思い、諦めている。むしろ気にしないように心がけている。
・10分歩く度に近くのコンビニで涼んでいる。
・できるだけ地下を歩くようにしている。
・メンズ用の日傘が意外とおすすめ。
・冷たいもの(ビール)を考えて歩くと少しはマシ

と精神論で乗り切る人もいるようである。
しかしながら、近年の夏の暑さは異常であるため、身体や精神が弱いから対策が必要と言うわけではないようである。

それを裏付けるのは、夏になると毎日のように聞く、熱中症により病院へ搬送されるというニュースである。
彼ら・彼女らは決して対策を怠っていたという訳でなく、対策をしていても熱中症にかかる。

なので、「自分は夏には強い!暑さなんて大丈夫!」という人ほど、注意をしていただきたい。
熱がこもり過ぎると急に気分が悪くなり、ふらふらしてしまう。

そうなると、自分ではどうすることも出来ず、結果的に病院へ行く可能性が出てくる。

よって、他人ごとだと思わず特に外回りが多い営業マンはしっかりと夏の暑さ対策を行い、仕事に励んで欲しい。



【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.