iPhoneのセキュリティの質問を忘れた場合はどうすればいい?

あなたはiPhoneの初期登録の中に、セキュリティの質問があったことをおぼえているだろうか?
セキュリティの設定を変更しない人は、このセキュリティの質問を長い間使わないので、忘れてしまうこともある。

この記事では、iPhoneのセキュリティの質問を忘れた時の対処方法について解説する。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

iPhoneのセキュリティの質問とは?

セキュリティの質問は2012年から始まった。

当時AppleはAppleIDの不正使用を防止するためにセキュリティを強化した。
その時にセキュリティ強化の1つとして導入されたのがセキュリティの質問だ。

AppleIDとセキュリティの質問を紐付けすることによって、AppleIDを利用する時に、Apple側が使用者が本人かどうか認証する際に利用される。

このセキュリティの質問は、3つの質問とそれぞれの答え、そして、メールアドレスを初期設定のセキュリティ設定時に登録する。

質問はApple側からテンプレートが用意されていて、その中から質問を選択して独自の答えを入力する方法で設定する。

この質問と答えは、どこかにメモして後で確認できるようにしておくと、もし、忘れてしまった際にも困らないだろう。

またここで、注意してほしい大事なことがある。

それは、登録するメールアドレスだ。

このメールアドレスが利用できなくなると、もし、セキュリティの質問の答えを忘れてしまい、再設定する時に非常に面倒なことになる。

セキュリティの質問を再設定をするためには、登録したメールアドレスに届くメールを使って再設定を行うのだが、このメールが受信できないとAppleに問い合わせて変更してもらわないと、こちらからはどうすることもできなくなる。

そのため、セキュリティの質問設定時に登録するメールアドレスは、キャリアのメールアドレスやスマホに依存しない、YahooやGoogleのフリーアドレスを利用することをお勧めする。


【スポンサードリンク】


iPhoneのセキュリティの質問を忘れた場合は?

iPhoneのセキュリティの質問を忘れてしまった場合には、まずは、セキュリティの質問を入力するフォームの中にある「セキュリティの質問を忘れてしまったら?」という項目を選択して、セキュリティの質問を登録した時に、一緒に登録したメールアドレスに、セキュリティの質問の再設定メールを送ります。

この「セキュリティの質問の再設定メール」を受信できるのであれば、受信したメールに従って、セキュリティの質問の再設定を行えば問題が解決する。

だが、もしこの「セキュリティの質問の再設定メール」を受信できないと、話は複雑になる。

この場合は、Appleサポートに連絡をして、Appleサポートが本人確認を行った後に、Appleサポート側から新しいメールアドレスを登録してもえる。

新しいメールアドレスが登録されれば、そのメールアドレス宛に、「セキュリティの質問の再設定メール」が届くはずだ。

そして、届いたメールに従って進めていけば、セキュリティの質問を再設定することができる。

Appleサポートに連絡する方法は、文面で見ると簡単そうだが、Appleサポートの方に連絡をして、経緯を説明して、本人確認を行い、、、と手間と時間がかかる。

そうならないために、セキュリティの質問に設定するメールアドレスは、長い間使用できるアドレスを登録することと、セキュリティの質問の質問と答えを保管しておくことをお勧めする。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.