iPhoneの画面がつかない場合はどうしたらいい?修理に出す前に確認すること!

iPhoneを使用していると、突然、画面が真っ暗になって、つかなくなってしまった経験な無いだろうか?
これは、iPhoneを使用している人なら誰しも経験があるだろう。

この記事では、そんなiPhoneを使用している時に画面が真っ暗になってつかなくなってしまった時の対処方法を解説していく。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

iPhoneの画面がつかない原因は?

iPhoneの画面が、真っ暗になってつかない原因は2つある。

1つ目の原因は、電池が切れてしまった場合だ。

iPhoneはバッテリーが切れかけると、画面に電池のマークが表示され充電して下さいと表示される。
だが、その画面に行く前に一気に電池を消耗させると、iPhoneの画面が真っ暗になりつかない状態になる。

2つ目の原因は、iPhoneがフリーズしてしまった場合だ。

iPhoneで同時に様々なアプリを起動するなどの高い負荷がかかると、iPhoneの画面が真っ暗になってつかない状態。
または、画面は表示されているがまったく反応しない状態になる。

この2つの原因の見分け方は、iPhoneにLightningケーブルを繋いで充電することで見分けることができる。
iPhoneのバッテリーが切れて、画面が真っ暗になってつかない場合に、Lightningケーブルに繋いで充電すると、iPhoneの画面に充電中の表示がされる。

またもし、Lightningケーブルを繋いで充電をしてもiPhoneが無反応なら、画面が真っ暗になってつかない原因は、iPhoneがフリーズしているからだと推測できる。


【スポンサードリンク】


iPhoneの画面がつかない対処法は?

ここでは、iPhoneの画面が真っ暗になってつかない場合の対処方法を紹介する。

対処方法は、原因毎に対処方法を紹介していく。

iPhoneのバッテリーが切れてしまった時が原因の対処方法

この場合には、iPhoneを充電することで問題が解決する。

いざという時に困らないように、外出先でもLightningケーブルを持ち歩き、機会があれば充電できるようにするのも良いだろうし、充電用の携帯バッテリーを持ち歩くのも良いだろう。

最近ではファミレスやカフェ、新幹線などでは、スマホやパソコンの充電ができるように、コンセントが用意されている場合もあるので、外出先で充電する機会があれば、こまめに充電するのも良いだろう。

iPhoneがフリーズしていることが原因の場合の対処方法

iPhoneがフリーズしている場合の対処方法は、iPhoneを再起動することである。

この方法は、iPhoneの画面が表示されているが、まったく反応しない場合の、どちらの場合でも効果的だ。

iPhoneを再起動させるためには、電源ボタンとホームボタンを同時押しして、Appleマークが出れば成功だ。
Appleマークが出れば、後は待っていればiPhoneが自動で再起動してホーム画面が表示される。

また場合によっては、この方法を行ってもiPhoneが再起動しない場合がある。

この場合は、iPhoneがフリーズした際に、データが壊れてしまったことが考えられる。
こうなると、iPhoneをパソコンのiTunesに接続してバックアップから復元するしかない。

この様な事態になっても困ることがないように、普段からこまめにバックアップを取っておくことを、お勧めする。

もし、iPhoneを使用している時に、画面が真っ暗になってつかない状態になってしまった際には、ここで紹介した方法を試して見て欲しい。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.