iPhoneの通信制限を確認する方法は?高速通信が出来なくなる!?

iPhoneを利用していると、インターネットに繋がり難いな、何だか重いなと思うことがあると思う。
それは、通信制限されていることが原因かも知れない。

今回は、iPhoneを使用している誰もがなる可能性のある、通信制限について解説していく。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

通信制限とは?

iPhoneは契約した高速通信容量を超えて通信を行った場合に、通信制限がかかる。
通信制限が掛かると、契約時に定められた日にちまで、高速通信が出来なくなる。

iPhoneは高速通信を前提に使われることが想定されているので、高速通信が出来なくなると、iPhoneの使用にストレスを感じるだろう。

通信制限の種類

iPhoneの通信制限には2種類の制限がある。

1ヶ月の通信制限

1ヶ月の通信制限とは、契約した高速通信容量を1ヶ月の途中で超えた際に残りの期間は高速通信ができなくなる制限だ。

契約によって、通信制限の締め日が、10日、20日、月末の3種類がある。

自分が、どの締め日なのか確認するには、通信会社のショップに行って確認する方法や、通信会社のサポートに電話で確認することもできる。

3日の通信制限

1ヶ月の通信制限とは別に、3日の通信制限がある。3日間に利用した高速通信容量が合計1GBを超えた際に、通信制限が掛かる。

この通信制限は、1GBを、超えた日から3日間、通信制限が掛かった後に解除される。


【スポンサードリンク】


iPhoneの通信制限を確認する方法は?

iPhoneの通信制限を確認する方法は、自分が契約している通信会社のマイページで確認できる。

また、通信会社によっては通信制限が近づいてくるとメールで教えてくれるサービスを行っている会社もある。

iPhoneの通信制限を確認する方法は?

iPhoneの通信制限を確認する方法は、自分が契約している通信会社のマイページで確認できる。
また、通信会社によっては通信制限が近づいてくるとメールで教えてくれるサービスを行っている会社もある。

通信制限をされるとどうするのか?

通信制限をされるとどうするのか?と言うと、通信制限期間を我慢して時が過ぎるのを待つか、高速通信容量を追加で購入する方法がある。

高速通信容量の追加は、自分が契約している通信会社のマイページで購入することができる。
高速通信容量を追加で購入する際に注意することが2つある。

1つめの注意は、1ヶ月の通信制限の締め日が契約によって異なるため、自分の締め日を勘違いしていると、通信制限が解除される日も勘違いしていることがあります。

例えば、自分の締め日が20日なのに、自分の締め日は月末だと勘違いしている場合である。
15日に通信制限が掛かった時に、高速通信容量がリセットされるのは5日後の20日なのだが、締め日が月末だと勘違いしているとリセットされのが15日後の30日だと思ってしまうことがある。

そのため、高速通信容量を追加で購入したが実は思っているよりも、早く高速通信制限が解除された。
もったいなかったな、という事態になることがあるので、追加で高速通信容量を購入する際には、自分の締め日を確認して通信制限が解除される日を確認してから購入するのが良いだろう。

2つめの注意は、高速通信容量を追加で購入しても3日の通信制限は解除されないということだ。

3日の高速通信制限は解除することができない。そのため、高速通信容量を追加で購入して通信制限を解除しようとしても解除することはできない。

まとめ

iPhoneを利用していると、自然と高速通信容量を使い過ぎてしまうこともある。

通信制限に掛からないように、月に何度かは、使用した高速通信容量を確認しながらiPhoneを使用するのが良いだろう。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.