iPhoneのブルートゥースを設定する方法は?メリット・デメリットも紹介!

電子機器を購入した時に、ブルートゥース対応と書いてあることがある。
ブルートゥース?なんだろう?
と、思う方もいるだろう。

ブルートゥースは利用しなくても、iPhoneが使えないということはない。
だが実は、ブルートゥースは、近年爆発的に普及した通信方式で、使いこなせば、とても便利に電子機器を利用することができる

そして、iPhoneはブルートゥースを使いこなすのに最適なデバイスだ。
今回は、そんなブルートゥースとiPhoneについて解説していく。
これを読んで、iPhoneをもっと便利に利用してもらえたら嬉しい。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

ブルートゥースとは?

ブルートゥースとは、短距離無線通信の1種だ。

お互いがブルートゥースで通信できる機器の場合に、有線で繋がなくても無線で機器同士やり取りができる。

近年では、iPhoneを始め、Android、パソコン、イヤホンなどの様々な電子機器にブルートゥースは搭載されており、ブルートゥースを使えばiPhoneなどの端末から、様々な機器を操作することができる。

様々な電子機器にブルートゥースが搭載されたことで、電子機器同士の操作性は格段に便利になった。

ブルートゥースのメリットとデメリットは?

ブルートゥースのメリット

ブルートゥースのメリットは、数多くの電子機器にブルートゥースが搭載されているので、周りの電子機器を全てブルートゥースで操作できる機器にすれば、iPhoneなどの端末から全ての電子機器を操作できることだ。

これによって、電子機器同士の利便性が格段に向上する。

そして、ブルートゥースの接続方法はとても簡単なので、手軽に便利に利用できることも、ブルートゥースのメリットだ。

ブルートゥースのデメリット

ブルートゥースのデメリットは、電池の消耗が激しいことだ。

ブルートゥースは、電子機器同士がお互い通信して操作を行う。そのため、スタンバイ中は常に通信を行い指令がきていないか確認している。この状態を維持していると自然と電池を消耗することになる。

つまり、ブルートゥースで電子機器を利用していると、電子機器の使用に伴う電池の消耗と、ブルートゥースの利用に伴う電池の消耗の、両方から電池を消耗することになる。

その結果、ブルートゥースを利用すると、電池の消耗が激しいと感じる。


【スポンサードリンク】


iPhoneのブルートゥースを設定する方法は?

iPhoneのブルートゥースを設定する方法は、まずはホーム画面の設定を選択する。

次に、Bluetoothを選択する。

次の画面に現代iPhoneが受信しているブルートゥース通信可能な端末の情報が表示される。

次に、ブルートゥース接続したい機器を選択する。

この時に、電子機器によってはブルートゥース接続する際に、ピンコードを要求してくることがある。
多くの場合に電子機器の説明書などにピンコードか記載されている。

次に、ピンコードを入力すれば、iPhoneのブルートゥース接続は完了だ。

1度ブルートゥースの接続設定を行えば、次からはピンコードを入力しなかてもブルートゥース接続を行える。

まとめ

ブルートゥースができてから、電子機器同士の利便性は格段に向上した。

そして、iPhoneは電子機器を操作する時、に利用するのに最適なデバイスだ。

貴方もiPhoneとブルートゥースを、利用して電子機器を便利に利用してほしい。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.