iPhoneの電池交換の方法を紹介するがオススメできない理由とは?

iPhoneを含めてスマホ・携帯電話は長年使っていると電池が弱くなり、使用時間が短くなる。そして電池交換という流れになる。今回は、その電池交換の方法を紹介するがあまりオススメできない…


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

iPhoneの電池交換がオススメできない理由

ここでの電池交換は「あなたがやる」ということを前提して欲しい。恐らくネットを調べれば、iPhoneの電池交換の方法が画像付きで紹介されているかと思う。しかしながら、iPhoneは非常に高性能でありかつガードが硬い。

そのため、市販の電池と交換しても電源が入らないことが多々ある。これは、iPhone本体と電池に関係性を持たせており、あなたのiPhoneではこの電池でしかも「この番号でしか認証させない」という仕組みをとっているようである。

 

よって、通販などでiPhoneの電池を購入したとしても認証がうまく行かず、結果的にiPhoneの電源が入らない事態に陥るだろう。

しかも、一度iPhoneを分解してしまうとAppleの保証対象外となるため、注意が必要である。今では、市販のものでも交換できたという報告をちらほら聞くのだが、原則としてはオススメできない。

 

元々、この記事を見ている人は

「iPhoneの電池が弱くなって、1日もたない」

「iPhoneをもっと長時間持たせたい」

という人がほとんどだろう。つまり、電池交換はあくまで「手段」であることを認識して欲しい。あなたの目的は「iPhoneを長時間持たせること」である。

そのために出来ることは何かを考えて欲しい。もちろん、電池交換も1つの手段であり、選択肢としては問題ない。

 

だが、もっと簡単にリスクを負わずできることは無いのかと考えた際、私が実践していることを紹介する。


【スポンサードリンク】


iPhoneの電池を長時間持たせるコツ

iPhoneの電池を長時間持たせるためには、

・不要なアプリをアンインストールする

・画面の明るさを暗くする

・メール、電話、LINEの着信音をなくす

・ストレージの容量を空ける

などがある。特に明るさについては、明るくなればなるほど、電池をより多く消費してしまい電池がすぐ空になるという事態になる。

そのため、明るさについては出来る限り暗めにするのが得策である。あと、音についてもパワーが必要となるため、基本的にマナーモードにするのが良いだろう。

 

また、最終手段として「放電」というものがある。これは、iPhoneのバッテリーを完全に使ってしまいそこから一気にフル充電するものである。

0%になるまでiPhoneを使うことは稀であるかもしれないが、あえてiPhoneの電池を0%まで使いそこから100%までしてみると、持ちがよくなるだろう。

 

これは毎回すればよいいうものではなく、「電池の持ちが悪くなったな」と思った時に行うレベルでよいだろう。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.