Twitterでミュートにすると相手にばれるのか?実際にやってみた!

Twitterにあるミュート機能、私も使っているのですが実際に相手にばれてないのか少し不安になるところである。
そのため、実際にTwitterを使ってミュートにすると相手にばれるのか検証してみた!


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

結論:Twitterでミュートにしても相手にばれない

Twitterのミュート機能だが、フォローをしている状態で自分のタイムラインで表示させないというものである。
例えば、知り合いでどうしてもフォローしておかないといけないけど、あまり自分にとって有益な情報ではないので、ミュートにするということが使い方としてある。

また、自分のタイムラインを整理したい時に使える。
とあるアカウントのツイートばかりになってしまい、結果別な人のツイートを見逃すことを防ぐことができる。

私もこの機能は大いに使っており、私のように使っている人も少なくないだろう。

ふと気になったことが、「ミュートにしているけど、相手にメールとかメッセージで通知行かないのか?」ということである。
言わば、「私はあなたのツイートをミュートにしています」ということがバレていないかどうかである。

実際にアカウントを2つ使って検証して見たところ、

「ミュートにしてもそれを解除しても相手にばれることはない」

ということが分かった。つまり、通知は一切いかないということになる。

これで安心してミュートを使うことが出来るだろう。


【スポンサードリンク】


では、逆に「あなたのツイートがミュートされているかどうか」を判断するにはどうすれば良いだろうか。
色々とやり方はあるのだが、効果的なのが

「◯◯さん誕生日おめでとう!」

とツイートすることだ。◯◯に入るのが、ミュートされているかどうかを判断したい人の名前である。
この時、アカウント名よりも苗字やニックネームの方がよいだろう。

こうすれば、ほとんどの人はリツイートで「ありがとう!」と返してくるはずである。
しかし、返して来なければミュートされている可能性があるということになるだろう。

ミュートされやすい人としては、

・仕事やめたいなどの鬱なツイートが多い
・自慢話が多い
・テレビのネタバレが多い
・体調悪いアピールが多い

など見ていて不愉快なものが多いようである。心当たりがあるのであれば、ツイートを改善した方が良いだろう。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.