大阪の安くて美味しいうな重専門店の見つけ方を通がこっそりと紹介!

土用の丑の日は、うな重を食べるのが昔からの習わしである。
しかし、毎年同じでは少々飽きてしまう。そこで安くて美味しいうな重専門店の見つけ方を、通の人がこっそりとあなただけに紹介!


【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

人気ランキングは信用しない

大手の口コミサイトや個人ブログで「大阪の安くて美味しいうな重はココだ!」と紹介してるものを見るだろう。
それは信用しない。

そう口火を切ったのが、うなぎ大好きの「石田さん」である。

彼が言うには、

「人気ランキングは確かに見ていて参考になる。しかし、ほとんどの人が1位が美味しくてそれ以外がまずいのでは?と感じるだろう。
そのため、1位のお店に殺到してしまうという流れである。これを別な視点で見ると、1位のお店を紹介するためのものと捉えることができる。」

つまりは、2位以下のお店は何でもよくて1位だけ紹介したいということである。
口コミランキングだけでなく、全ての商品にも言えるかも知れない。

確かにそのような印象を受けてしまうだろう。
仮にあなたが「おすすめの旅行プラン」を見た時、1位の旅行プランを採用してしまうことはないだろうか。
どうしても2位以下が弱くなってしまうことはないだろうか。

これは別にあなたが悪いのではなく、「ランキング好きな日本人特有の現象」ということである。

ランキング好きな日本人は、1位が良くて2位以下が駄目と認識してしまう。

では、どのようにすれば、大阪で安くて美味しいうな重専門店を見つけることができるか。
すると石田さんは

「それは簡単です。Twitterを使いますね。例えば行きたいお店の名前を検索するとつぶやきが出てくると思います。
このつぶやきはユーザが独自でつぶやいたものであるため、ランキング化されずその人が率直に受けた感想であるため、ランキングより遥かに良い情報です。
これは、私の基準になりますが、お店で検索して美味しいや安いという言葉があればその店はハズレでないと考えています。」

確かに、ランキングであればいくらでも操作することが可能である。
しかし、Twitterであれば嘘を発信する人は少ないため、ある程度信頼できる。
また、まずい場合でもツイートされるので情報としては有益であると言える。

ただ、味に関しては人それぞれ味覚が違うので数値化出来ない。
そのため、どうしても主観的な感想になってしまうのは仕方ないだろう。

よって、ユーザ数が膨大にいるTwitterで検索し「生の声」を聞くことが、
実は「隠れた名店を見つける最強の方法」なのかも知れない。


【スポンサードリンク】


Twitterに頼らない美味しいお店の見つけ方

と言っても、Twitterを嫌う人もいることは事実である。
そのため、Twitterに頼らず美味しいお店を見つける方法はないか、石田さんに訪ねて見た。

「創業が大きな軸になりますね。昔からずっと営業できているお店は数少ないです。
ここ数年うなぎが高騰し、客離れが叫ばれる中でもきちんと営業できているお店は何かしらの武器を持っています。
それは味であったり安さであったり、接客であったりと様々です。少なくとも長く営業している老舗のお店は信頼できます。」

石田さん曰く、美味しいお店を見つけたい場合、

「うな重 美味しい 店」

と検索するのではなく、

「うな重 老舗」

と検索した方が実は名店にたどり着くことが多いとのことである。

老舗と言えば、古臭いイメージはあるが商売をする以上、利益が必要である。
その利益を確保するため各飲食店が必死になっており、その中でも利益を出している店のみが生き残れることになる。

つまりは、行列があるから=美味しい。雑誌で紹介されている=美味しい。
という流行り廃りがないお店こそが真の名店と言えるだろう。



【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.