夏祭りで屋台や用品をレンタルしてみた!初めてポップコーン屋を運営してみて思ったこと

夏祭りで屋台を出店したい!そんなあなたへ向けて必要な用品やレンタル方法を実際の経験に基づいて紹介。
注意すべきポイントも合わせて紹介


【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

ポップコーン屋を運営してみた

大阪に住む田中さん(仮名)は、町内会の夏祭りでポップコーン屋を運営することになった。
もちろん、屋台運営の経験のない田中さんは何をすれば良いのか判らない。

ただ、町内会の予算や条件は下記の通りである。

【予算と条件】

・予算は5万円
・子供向けがメイン
・キャラメル味

とのことである。

予算が厳しいということでレンタルを決意した。

レンタルは、「夏祭り 屋台 レンタル」で検索をしたサイトから行うことにした。

■ポップコーン機レンタル全国即納
http://www.joshubussan.com/

ここでは、ポップコーンに特化したレンタルを扱うので一式をレンタルすることができ、
正直手間はかからなかった。かかった値段は、約5万円と予算内であった。

なお、1ヶ月前に予約をしたので当日には問題なく機材が到着したが、
注意すべきポイントはぎりぎりにしすぎないということである。

ぎりぎりだと、機材の動作確認やサイトとの連絡がスムーズに行かないなど問題が発生するので、
余裕を持った予約がベストであると言える。

また、機材が到着して色々とセッティングをしなければならないのかと思いきやそうではなく、
「コンセントに指すだけ」でポップコーンができるようになっていたことも良いポイントであった。

もちろん図解付き説明書もあり、調理時の軍手などかゆいところに手が届くサービスも高評価である。

気になる町内会の夏祭りでは大反響であり、何もトラブルなく終えることができホッとした。
余談となるが、100人分を目安に発注し、1カップ辺り300円で販売を行った。
当日は晴天にも恵まれ100人分を売ることができ、利益を出すことが出来た。

これも値段設定をいくらにするのか、コストはいくらかなのかという難しい問題になるかと思いきや、
レンタルしたサイトで親切丁寧にレクチャーしてくれたので適切な設定ができたと感じた。


【スポンサードリンク】


夏祭りの屋台設定や用品レンタルは業者任せがベスト

そのように語るのが、先ほどの田中さんである。

正直素人が自分で夏祭りと言え屋台運営をすることは困難である。
楽天やアマゾンで機器を揃えるとそれだけでもコストがかさんでしまう。

また、毎年行うのであれば購入を検討しても良いのだが、突発的なものであるため、
レンタルがベストである。レンタルであれば、夏祭りが終われば機器の置き場所という問題もなく楽である。

さらにレンタルならではの特権としては、

・業者のサポートを受けることができる
・価格設定も教えてくれる
・自分では気づかないことを教えてくれる
・一式全てレンタルできる
・色々と考える時間が減る
・購入よりコストが安く済む

というメリットばかりである。

そのため、専門職にしない限りレンタルでも十分、屋台運営をすることは可能であると判った。
今年も行う予定なのでまたレンタルをして楽しようと考えている。

このように田中さんは、レンタルの良さに気づいたようである。
確かに購入するよりも遥かに付加価値という面でもメリットが多いようである。

町内会の夏祭りはどこでも有り得るものであり、その担当にいつなるのか判らない。
もし、今年の夏祭りで屋台担当になればぜひレンタルを検討してみてはどうだろうか。



【スポンサードリンク】



あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.