iPhoneが充電されない原因と対処法は?バッテリーが壊れてしまった!

iPhoneを充電しようと、充電ケーブルをiPhoneに接続するも、何故か充電が開始されない、という経験をしたことは無いだろうか?
この記事では、そんなiPhoneが充電されない原因と対処方法をまとめた。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

iPhoneが充電されない原因は?

ここでは、iPhoneに充電ケーブルを接続しても充電されない場合の原因を解説する。

充電ケーブルの断線

充電ケーブルが断線していると、電力が供給されないので充電が開始されない。

充電ケーブルの接続コネクタの不具合

充電ケーブルの接続コネクタは破損しやすい、そのため一度接続して充電を開始しても、途中で充電が止まってしまうこともある。

iPhoneがフリーズしている

iPhoneがフリーズしていると、画面に充電されている表示がされない。
この状態の時はiPhoneの内部では充電がされているが表示されていない場合もあるし、充電も表示もされていないこともある。

充電ケーブルを、Appleに認識されていない物を使っている

iPhoneは、Appleで認識されていないLightningケーブルや、USBケーブルの接続を拒否することがある。
iPhoneが充電を拒否すると、そのケーブルで充電することは難しい。
昨日まで使えたケーブルが、iPhoneがアップデートされたことで、使えなくなることもよくある。

iPhoneのバッテリーの消耗

iPhoneのバッテリーが消耗して寿命が近くなるとケーブルを接続して充電しても、充電されなくなる。


【スポンサードリンク】


iPhoneが充電されない対処法は?

ここでは、iPhoneが充電ケーブルを接続しても充電されない時の対処方法を原因毎に解説していく。

充電ケーブルの断線や接続コネクタの不具合

これらの原因の時は、ケーブル、コネクタを新しい物に取り替えることで問題が解決する。
充電ケーブル類は、いつまでも使える物でなく定期的に買い換える消耗品だと思った方が良いだろう。

iPhoneがフリーズしている

iPhoneがフリーズして充電されない時は、iPhoneを再起動すると問題が解決する。

iPhoneを再起動する方法は、iPhoneのホームボタンと電源ボタンを同時に押して、画面にリンゴマークが出れば成功だ。
暫く待てば自動的に再起動される。

充電ケーブルを、Appleに認定されていない物を使っている

この場合は、Appleに認定されている充電ケーブルを購入するか、
現代のiPhoneのバージョンで使用できる充電ケーブルを手に入れて使用することで問題が解決する。

Lightningケーブルには認証チップが内臓されていて、そのチップをiPhoneが読み込みAppleに認定されていないケーブルだとiPhoneが判断すると、そのケーブルを使っての充電、通信を拒否する仕組みになっている。

そうなると、Appleの認定ケーブルを買うしかないと思うかもしれないが、大概、既存の安価な充電ケーブルが使えなくなる。
すぐに新しい認証チップを内臓した安価な充電ケーブルが発売されるので、新しい充電ケーブルを購入すれば問題が解決する場合が多い。

iPhoneのバッテリーの消耗

iPhoneを長期間使用して、バッテリーが消耗すると、充電してもバッテリーが電気を貯めることができなくなる。

この状態を解決するには、iPhoneのバッテリーを交換するしかない。
バッテリーを交換するには、Appleサポートで行うか、街のiPhoneのサポートをしてくれるお店で行うか、自分で行うかの、どれかの方法で交換できる。

自分のiPhoneのバッテリーが、どの程度消耗しているのか、Appleショップや、街のiPhoneのサポートをしてくれるお店にいけば、無料でバッテリーの消耗度を測定してくれるので、バッテリーに不安を感じたら測定してもらうことをお勧めする。

ここで紹介した方法で問題が解決しない場合には、Appleサポートに連絡をして相談するのが良いだろう。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.