iPhoneでクッキー設定をオンにするにはどうしたらいいの?

インターネットを利用していると、クッキーという用語を見たことがあるのではないだろうか?
現在社会では、インターネットがある生活が自然な事と受け止められており、インターネットの仕組みを知らなくても、インターネットの恩恵を受けられる。

だが、インターネットの仕組みを知れば、もっと快適にインターネットを利用できる。
今回はインターネットを利用している、殆どの方が利用している仕組みクッキーについて解説していく。

これを読んで、インターネットについて理解を深めてもらえたら嬉しい。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

クッキーとは?

クッキーとは、インターネットを利用して訪問したインターネットのサイトと貴方のiPhoneがやり取りした情報や履歴のことだ。

例えば、あるインターネットサイトにログインをして、後日再度同じインターネットサイトに訪問した際に、ログイン手続きをしなくても、自動的にログインしていたら、それはインターネットサイトと貴方のiPhoneがやり取りした情報が残っていて、インターネットサイトが貴方のiPhoneを特定して自動的にログインしたためである。

つまり、クッキーを設定すると、インターネットサイトに訪問した時に自動的にログインしてくれたり、自分のインターネット履歴を元に表示される広告が変わったりと、色々と便利にインターネットを利用できるのだ。

iPhoneでクッキー設定をオンにする方法

iPhoneでクッキー設定をオンにする方法は、
ホーム画面の設定から→safari→クッキーを知らないサイトや広告のみブロック、また、しない、に設定すれば完了だ。


【スポンサードリンク】


iPhoneでクッキーをオンにするメリットとデメリット

・クッキーをオンにするメリット

クッキーの設定がオンに設定されていれば、インターネットサイトに自動的にログインしてくれたり、便利にインターネットを利用できる。

だが、もしiPhoneでインターネットを利用していて、いつもと何か違うな、いつものインターネットサイトに訪問したのに、入力する手間が何だか多いなと感じる時には、もしかしたら、クッキーの設定がオフになっている場合があります。

iPhoneを利用してインターネットに接続しているのに、いつもとインターネットの挙動が違う時は、クッキーの設定を確認するのも良いだろう。

・クッキーをオンにするデメリット

インターネットを利用する上で便利に使用できるクッキーですが、クッキーをオンにすることでデメリットもある。

クッキーは、数々のインターネットサイトの情報を蓄積することで、貴方のiPhoneが便利にインターネットを利用できるようしにしている。

だが、クッキーが余りにも多くの情報を溜め込むと、インターネットに接続する際に、クッキーに情報が残っているか確認する作業を行う時間が長くなる。

つまり、インターネットサイトに接続するまでの時間が長くなる。実感としては、挙動が重くなる印象を受けるだろう。

そのため、インターネットサイトに接続する際に、挙動が重くなる印象を受けた際にはクッキーが原因か?と疑ってみるのも良いだろう。

快適にインターネットを利用するには、定期的にクッキーを削除するのが良いだろう。

iPhoneでクッキーの情報を削除する方法

iPhoneでクッキーの情報を削除する方法は、ホーム画面の設定から→safari→クッキーとデータを削除で削除できる。

まとめ

iPhoneでインターネットを利用する際には、殆どの方がクッキーを利用しています。
クッキーの理解を深めることで、今迄より便利にインターネットを利用できるだろう。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.