LINEのトプ画をおしゃれに見せる法則とは?ダサいと言わせない!

あなたのLINEのトプ画、どんなものか覚えているだろうか。もしダサいようであれば実は裏でコソコソと言われている可能性も…そんなあなたには紹介するのが「もうダサいと言わせない!LINEのトプ画をおしゃれに見せる法則」である。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

やってはいけない!LINEのダサいトプ画の法則

まずLINEのトプ画とは何かをおさらいする。それはLINE上におけるあなたの化身のようなものである。facebookやTwitterにも同じようなものがあり、それと同等と捉えてよいだろう。

そのトプ画であなたの印象が大きく変わることは言うまでもないだろう。
かなりダサいトプ画にしていたら、あなたの印象はどう?良いと思われるだろうか?

恐らく、「えっダサくない?」と言われるのが落ちである。

 

では、「そもそもダサいLINEのトプ画とはどんなものだろうか?」例えば、

・すごくマニアックなもの

・裏表反対の服を着た自画撮り

・アニメキャラクター

・そもそも設定していない

ということである。アニメキャラクターについては、色々と説はあるがあまり良くは思われないだろう。しかしながら、ダサいとかそういうのを気にする人でなければ、トプ画にしても何も問題ない。しかしながら、周りから良い目で見られているかどうかは定かではない。


【スポンサードリンク】


あと、トプ画は別に設定しなくても良いのだが、何か設定することを推奨する。恐らく「何でこの人はトプ画を変更していないんだろう?もしかして友達少ないのかな?」と思われてしまうこともあるので、何かしら設定することが望まれる。一番無難なのが、風景画である。

例えば、空や山、川などの写真である。建物でも良い。これらは当たり障りの無いものなので、初めてトプ画を設定する人にはオススメである。

 

その時も一工夫して欲しいのが「ネット上にあるようなものを使わないこと」ネット上にあるものはプロが撮っており、素人目から見ても「これはプロが撮ったものだ」ということが分かる。そのため、スマホで撮ったようなものが好ましいだろう。

おしゃれなLINEのトプ画の法則

では、次に「おしゃれなLINEのトプ画」とは何か?ということになる。おしゃれも人それぞれ定義が違うのだが、私が思うに「何かキレイに加工している」というのが法則として挙げれられる。

例えば、先ほど出た空の写真だが、そのまま使うと無難だが、アプリなどで色をモノクロにしたり、セピアにするだけでもおしゃれさが増すだろう。

友達とのツーショット写真でも少し加工して、縁を変更するだけでもOKである。

 

要は何かしら加工するとおしゃれさが増すということになる。しかし、あまり加工し過ぎると「狙ってるな」と思われてしまい逆効果になりやすい。

色を変えるようなワンポイント処理でも十分良いだろう。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.