iPhoneでソフトウェアアップデートができない時に見るべきポイントは?

数ヶ月に1度訪れるiPhoneのソフトウェアアップデート。新しい機能がついたり不具合が修正されたりと便利になる判明、アップデートできないという事態も…。そんな人のために抑えるべきポイントを紹介


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

iPhoneでソフトウェアアップデートができないのはナゼ?

新しいOSが出てソフトウェアアップデートしようと思ったら出来ない…という事態に陥った人は少なく無いだろう。

私もそのうちの一人である。ソフトウェアアップデートが出来ない大きな理由としては2つある。

・デバイスの容量不足

・Appleのサーバーが混雑している

ということである。

 

デバイスの容量不足

まず「デバイスの容量不足」についてだが、これは単純にあなたのiPhoneの容量が少なくなっているということである。では、今、現在の容量はどれくらいなのかを調べるためには、

[設定]

[一般]

[情報]

に書いている「容量」と「使用可能」である。容量とはその通り、あなたのiPhoneの全体の容量を示している。「使用可能」とは残り容量のことである。

 

例えば、

・容量:32GB

・使用可能:6.5GB

であれば、あなたのiPhoneは現在「25.5GB」使っているということになる。この使用可能が少ない場合は、ソフトウェアアップデートが出来ないことがある。

では、どれくらいの容量をあければよいのかということになるのだが、これはその時のソフトウェアのサイズにもよるが大体1GBである。

 

「1GBも空いていない」という人は、

・不要なアプリを削除する

・動画や写真を削除する

ということで容量を確保する必要がある。特にオススメなのが、動画や写真の削除である。これは思った以上に容量をとっている場合が多く、あまり写真や動画を取らない私でも7GBもあったので、一度整理してみると良いだろう。


【スポンサードリンク】


Appleのサーバーが混雑している

新しいOSへすぐにアップデートしたい人が多く、配布初日はかなり混雑することが予想されている。通常時であれば1時間もしない内にソフトウェアアップデートが終わるのだが、配布初日はサーバーが混雑するため、5時間以上かかったという報告もちらほらある。

そのため、アップデートをするためには「配布初日を避ける」ということである。

 

これは何もソフトウェアアップデートの混雑を防ぐためでなく、不具合がないかなどをチェックする意味でも有効である。

過去にソフトウェアアップデートをしてそもそもiPhoneの電源がつかなくなったということもあり、皆、アップデートには慎重になっている。

 

今使っているOSでも十分に完成されたものであるため、日常使う分には困らないので無理にアップデートする必要はないが、アップデートすることによって電源の持ちがよくなったり、Wi-Fiのつかみがよくなるという報告もあるので見逃すことが出来ない。

 

つまりは、「OS配布初日は避けて情報収集することがポイント」ということになる。


【スポンサードリンク】


あなたへのオススメ

関連記事

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.